1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2008年 06月 28日 ( 1 )

Cognac & Whisky

 買い物で見つけたCOGNACとSCOTCH WHISKY。

飲むもよし、インテリアにもよしな小さ目ボトルとラベルに即購入。
f0048134_22132693.jpg


 バーとかで「コニャックを」とか「ウィスキーロックで」とか言うのにすご~く憧れるんですが(笑) どうも味が苦手で未だ実現できず。まだその歳には及んでいないみたいです。

 そんな私はブランデーやらウィスキーの知識はほぼゼロなので調べてみました。
 
 まずはコニャック(Cognac)。 フランス・コニャック周辺で産出されるブランデーで、葡萄を銅製のポットスチルを用いた単式蒸留を2回行って得られたアルコール度数70%程度の精留分を、フランス国内産のオークの樽で2年以上熟成し、水で度数40%に希釈したもの。

 そしてスコッチ・ウイスキー(Scotch whisky)。 イギリス・スコットランドで製造されるウイスキー。麦芽に含まれる酵素を利用してデンプンを糖化し、それを濾過した麦汁を酵母によって発酵させてアルコール度数7~8%の「ウォッシュ」(Wash) と呼ばれる液体を単式蒸留器で蒸留。木製の樽に詰めて数年以上エイジングして熟成させることで豊かな風味と色をつけ、最終的にいくつかの樽の原酒を調合し、香味を整えてから度数40%程度まで加水したもの。

 驚いたのがこのスコッチウィスキーはちゃんと法で定義されているということ。

スコッチウィスキーの法定義
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-06-28 22:13 | Daily Life