人気ブログランキング |

1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

Sogne Fjord : Day7

Oslo観光もそこそこに世界最長のソグネフィヨルドを経由してBergenへ。ホリデーシーズンの土曜ということもあって列車は満席でした。北極圏では全く見なかった日本人団体客も山ほどいたしやっぱり人気なんですね。

Myrdalに近づくと車窓の外にはなだらかな山地で景観を楽しみながらサイクリングする人をたくさん発見!! なんでもノルウェーでも人気のアウトドアリゾート地なんだとか。気持ちよさそ~♪ 生まれて初めて氷河も見ました(→遠くからだけど)
f0048134_441024.jpg




f0048134_435589.jpgMyrdalからは急傾斜を下る登山鉄道へ乗り換え。ここでも車内は満席、立った人もいるほど。険しい谷底へ向けて進む中、途中滝の前で一時停車して20分ほど撮影タイム。
しばらくすると怪しい音楽とともに滝の中腹で女性が踊り出したのにはかなり謎でした(苦笑) さすが観光路線。
そのあとはFlamまで一気に急降下。
f0048134_4363866.jpgFlamからはCudvangenまでソグネフィヨルドの中をクルーズ。北極圏のフィヨルドとは違って水面とのコントラストが眩しいくらい豊かな山肌。ただ甲板にずーっと座っていたので快晴の空のもと強い紫外線で着実に焼けていく肌。かなりの対価です(涙)
f0048134_4372642.jpgCudvangenに到着したのはバスが出発する5分前。大量の観光客は港に着くなり一目散にバスめがけて走る姿は圧巻。もちろん私たちも負けじと走ってなんとか席をGet。観光というかどこか運動会のような旅程だったな~。Vossへ向かう途中バスはホテルで一時停車。なんでもここのバルコニーからの眺めが有名で日本人好みの風景が臨めます。
f0048134_4331191.jpgVossからは列車に乗り換えて本日の最終目的地Bergenへ。
Bergenに到着するとまさに太陽が水平線の向こうに傾く頃。運動会の締めはオープンカフェでの一杯と決め込んで2人で夕焼けの中のんびり。

ソグネフィヨルドは観光地化されている路線だったなというのが一番の感想でした。まあそれはそれで便利だったし、前回とは違った形でフィヨルドを楽しめたので個人的には満足でした。お子さん連れや高齢の方にも旅しやすいところだと思います。

** 列車等の予約:Fjord Tour** (日本語あり)
Fjord Tour

 →電車やバスが遅れると乗り継ぎ時にチケットをのんびり買う余裕は全くなし。
   自分で予約するのと変わらない料金で列車・バス・フェリー全てのチケットをまとめて手配できるのでオススメです。
   チケットはOslo駅でのPickUpか自宅配達のどちらも可。
by mokomoko-chan | 2006-07-22 04:03 | *North Euro*