1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Days in October

 金曜日で今年も仕事納め。長かった~(><)
やっと家でPCに迎えるのでちょこちょこupしていきます。

 9月から土日もなく仕事続きだった中、久しぶりにまともに休めた10月の週末は甥っ子ズの七五三。数え年でお兄ちゃんは5歳、チビすけは3歳。

お日和にも恵まれた秋の空の下で元気いっぱいの我が家のお殿様。
f0048134_2323315.jpg


長男が腕白で、次男がおっとりな兄弟。
f0048134_2332985.jpg


久しぶりに明治神宮に足を運んだけれど、毎回東京の中心とは思えないほどの見事な森とその雰囲気。外国人観光客にも人気のスポットというのもうなずけます。しかも約100年前に計画的に作られた森だというのだから、温暖化が叫ばれるこの時世に学ぶことも多いですね。

 元気いっぱいの甥っ子2人に振り回されっぱなしだったけれど、毎度のことながら甥っ子には癒されます。

それ以外の癒しと言えば・・・
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-12-28 17:31 | Family

Anniversary Lunch @Ogasawara

 7月30日が結婚記念日だけど、オープン以来どうしても行きたかったお店でお祝いランチ。食に溺れたバルセロナ旅行以来、スペイン料理にぞっこんな我が家が向かったのは去年のミシュランでも1つ星をとっている小笠原伯爵邸。とことこ自宅から歩いてたどり着いた先は、厭味な格を感じさせないどこか懐かしい落ち着いた雰囲気。
f0048134_20321347.jpg


 スペイン料理らしい食材に富んだコースの中で一押しはやっぱりイベリコでした。もともと魚介好きで肉なら豚か鶏な私。そんな私史上最高に美味だと思った豚料理:イベリコ豚のアサード.
弾力感ある肉質と噛むほどに溢れる肉汁はもはや豚の域を超えてました。Jean Luc Figuerasのほうが勝っていたけど、あれだけを食べにまた行きたいくらいです。(今は牛肉がメインみたいですけど)

 そのあとはホテルオークラで開かれていた秘蔵の名品アートコレクション展へ。
モネなどの洋画と一緒に東海道五十三次や富嶽三十六景など日本画をのんびり鑑賞。かの有名な北斎の凱風快晴もあり、洋画とは違う芸術性を持つ日本画の良さを愉しんだひと時。
 
 それでも最後はやっぱり花より団子で「あーイベリコ食べたい」と呟く私なのでした。
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-11-11 20:10 | Food

4th Wedding Anniversary

 4回目の結婚記念日。
妻は残業コース&相方は有給のこの日。
最近腕をめきめき伸ばしている我が家のイタリアンシェフ登場です。

 予定時間を大幅に過ぎて帰宅した私にシェフが腕をふるってくれたのはこちら。
f0048134_23221259.jpg

「鯖のミートソース」
買い物からすべて一人で準備して、鯖も骨を1本1本抜いてソースを作り、駅に着いてからパスタをゆでてくれる心憎さ。
本当に最高のパートナー♪ 一生懸命作ってくれた姿を想像しながらパスタを口に運美んで互いへの思いやりって大切だなぁと実感。

我が家は4年目も仲良くやっていきます。

お祝い本番は後日なのでこの日はこのくらいで。
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-07-30 23:36 | Family

My Italian Chef

 本日ダンナさんは有給。私は休めず仕事・・・(涙) 
後ろ髪引かれながら出勤し朝から夜までバタバタしっぱなしの一日で週の始めからぐったし。

 家に帰ると香ばしい匂い。
「今日はゴハン作って待ってくれてるんだよね♪」と朝プレッシャーを掛けられた彼がカジキマグロのソテーを料理中。
f0048134_21422996.jpg


 「ソースが上手くできなくって」と言ってたけれどいやいや見事な腕前ですよ。なんたって初めての魚料理。買い物も自分一人でやってくれて一生懸命作ってくれた料理に感動です。味付けもバッチリで舌鼓をうちつついただきました♪
彼はパスタと同じくイタリアンがお得意のようで。和食は私の専門ということで。

これからも期待してますよん♪
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-03-17 19:52 | Family

DINKS

 お久しぶりです。
最近こんな書き出しが多い気がするけれどここのところ仕事に忙殺されてました。風邪気味でも休むわけにもいかず気力で乗り切った・・・。残業用のコンビニ食も飽きて食欲すらわかなくなっていて、久しぶりにランチした会社の娘には「やつれましたね」と言われる始末。

 そんな多忙な時期もありながらDINKS生活を送る我が家。
世間的には子供もいない夫婦2人だけの経済的に恵まれている生活といわれるけれど、それは互いの協力がないと成り立たないものなんだとつくづく感じる日々でした。普段は彼のほうが帰りが帰りが遅いけれど、時期によっては私のほうが遅くなることも多く、中国製冷凍餃子で大混乱のこのご時勢ながら「冷凍庫にさ・・・」といわざるを得ない状況。
 
 出社前の朝はもちろん準備でお互いバタバタ。
我が家の彼はありがたいほど協力的だと思う。彼も忙しいのに常に私の体を気に掛けてくれていて、それが仕事で疲れた心にほっと優しさを運んでくれる。だからどんなに疲れていても家が帰りたい場所だと思う。

 期末に向けてまた忙しくなるけれど、お互い労わり助け合いながら、元気に過ごしたいと願うばかりです。
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-02-24 18:45 | Daily Life

Tokyo Marathon

東京がマラソンコースになる日。
日本を離れていた間に始まったTokyo City Marathonは今回が二回目。家族総出で父を応援してきました。

 コースが近所を通るので、近くに住む彼の両親、兄家族、我が家は散歩がてらに、そこに弟とその彼女、母まで合流して沿道から観戦。

 これまで見てきたパリやローマの市民マラソンと比べて、やはりいろんな面で日本色が出てましたね。まず沿道の歓声が大人しく静かだということ。お祭騒ぎ的な感じはあまりなく、某新聞社の小旗を振ってなんともお上品。警備員と張り巡らされたロープの成果もあるんでしょうか。「走れるの?」というくらい仮装したランナーも少なかったかな~。
f0048134_22172.jpg

 次に給水所で水やら食料やら受け取るランナー達の律儀なこと。飲んだペットボトルをわざわざ係員な手渡す人がかなりいて、つぶれたペットボトルとオレンジの皮が散乱したパリやローマの石畳とは大違い!

 あとは技術がすごい。ICチップを使ってラップやタイムを管理するのは海外でもめずらしくないけれど、ソフト大国日本だとそれがリアルタイムでネットや携帯から確認できてしまうのです。兄が「あ~今15kmだね」とかこまめにチェックしてました。
外国人ランナーが数多く参加していたのは今後国際的イベントに成長させるにはいい兆候です。
f0048134_222429.jpg

父の通過を確認したら応援団は兄家族と合流して近くのカフェでのんびり談義。義理の両親、母、兄夫婦+甥っこズ、弟+彼女、彼、私と総勢11人。こんな風に集まって休日に話しているのもなんとも不思議だけれど、家族同士が仲良く顔をあわせられるってとても幸せな巡り合わせ。結婚は本人達だけのものではなく、やはり家と家とをつなぐ橋のようなもの。

 最後に甥っ子1号の最近お得意だおという【かわいい顔】を。
小技を憶えたなぁ・・・
f0048134_2224687.jpg

[PR]
by mokomoko-chan | 2008-02-17 21:58 | Daily Life

GIRI @ St Valentines Day

「一緒に買いに行きませんか?」

同じ部署の娘に誘われたのは2週間ほど前。

「うちの会社、バレンタインには男性陣にあげる風習があるんですよ~」
おおこれが世に言う義理チョコってやつか。前の会社とのいろんなギャップに驚いてきたけど、ある意味THE日本企業の香りをぷんぷん感じます。

 以前いた会社は外資系だったこともあり独立独歩。上司との付き合い方もラフで気兼ねなくプライベートも話していた感じだっただけに義理チョコ風習なんてなかったのに。
それだけに、当日社内のあちこちで女子軍団が上司から下への年功序列順にチョコを渡していく光景はとても異様なものだった・・・

「え・・これって当然お返ししないといけないんですよね?」とおののく1年目くんに、「若いお姉さんは厳しいからねぇ・・・」とちょっとアドバイスをしておきました。頑張れ~!!

 ちなみにCulture Smart Japanという本では義理をこのように紹介しています。

 GIRI - This is the highly refined Japanese sense of obligation ( or reciprocity) and duty that pervades everyday life at all levels and can never be ignored. It extends to gift-giving and entertainment- choosing a "return meal" in a comparable restaurant, for example.

 ある種の義務かー(苦笑)

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-02-14 18:11 | Daily Life

Christmas Eve @ home

 「どこか食べにいく?」と聞いたもののとりあえずどこも混みまくりなのは目に見えているので今夜は家で過ごすことに。
 
 今夜も我が家のシェフが手を振るってくれました。
f0048134_17345550.jpg

 クリスマスプレゼントと一緒に食材を伊勢丹で調達。アクセサリー売り場は地獄。食品売り場もかなり混んでました(汗)
 出来上がったのはボンゴレとグリルチキン。あとは定番イベリコ豚にEPOISSESをCavaと一緒にいただきます。


 回を追うごとに彼の腕も上達してきているので彼が料理する時間は見ていて楽しい。次回の登場はいつになるんだろう?

ここまでは一見ロマンチックですが。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-12-24 17:32 | Family
 この日は私の実家で兄家族も合同でクリスマスパーティー兼甥っ子(1号)の誕生日会。久しぶりに会った甥っ子ズは元気一杯。やっぱり男の子2人だと賑やかさが違います。

f0048134_17195790.jpg 甥っ子(2号)と空き箱で作った電車で遊んだり。お絵かきしたり。いつでも一緒。
 お金を出せば簡単におもちゃが買える時代だけに、簡素でも自分で創意工夫して作ったおもちゃで遊ぶ姿はなんだか見ていて微笑ましく、自分が兄や弟と遊んだ昔がふと脳裏によぎり懐かしさを憶えます。

 1号(4歳)もお兄ちゃんになったなぁ・・・。ついこの間までこんな感じだったのに。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-12-23 17:22 | Family