1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Christmas Eve @ home

 「どこか食べにいく?」と聞いたもののとりあえずどこも混みまくりなのは目に見えているので今夜は家で過ごすことに。
 
 今夜も我が家のシェフが手を振るってくれました。
f0048134_17345550.jpg

 クリスマスプレゼントと一緒に食材を伊勢丹で調達。アクセサリー売り場は地獄。食品売り場もかなり混んでました(汗)
 出来上がったのはボンゴレとグリルチキン。あとは定番イベリコ豚にEPOISSESをCavaと一緒にいただきます。


 回を追うごとに彼の腕も上達してきているので彼が料理する時間は見ていて楽しい。次回の登場はいつになるんだろう?

ここまでは一見ロマンチックですが。
[PR]
# by mokomoko-chan | 2007-12-24 17:32 | Family
 この日は私の実家で兄家族も合同でクリスマスパーティー兼甥っ子(1号)の誕生日会。久しぶりに会った甥っ子ズは元気一杯。やっぱり男の子2人だと賑やかさが違います。

f0048134_17195790.jpg 甥っ子(2号)と空き箱で作った電車で遊んだり。お絵かきしたり。いつでも一緒。
 お金を出せば簡単におもちゃが買える時代だけに、簡素でも自分で創意工夫して作ったおもちゃで遊ぶ姿はなんだか見ていて微笑ましく、自分が兄や弟と遊んだ昔がふと脳裏によぎり懐かしさを憶えます。

 1号(4歳)もお兄ちゃんになったなぁ・・・。ついこの間までこんな感じだったのに。
[PR]
# by mokomoko-chan | 2007-12-23 17:22 | Family

Twin Coffee Table

f0048134_16403644.jpg 我が家の新たな仲間。 
注文してから4ヶ月近く過ぎてイタリアから届いたCoffee Tableです。

 チェリーウッドとガラスの組み合わせで探していた私の琴線に触れたのはどこまでもシンプルなデザインとやさしい曲線。置き方次第で表情が変わるのも面白い。"世界でもっとも美しい木の家具"と称されるイタリアPoradaのもの。高低2つのテーブルは、高い方は勉強時に、低い方はPCや読書時の飲み物を置くのにピッタリ。

 我が家のリビングではカーペットも円形なのですが、風水では角ばった電化製品が多いリビングに円形のものを置くと運気が上がると言われているようです。知らなかった。

 こんなリビングでいつもまったりゆるゆる。
仕事で疲れた身にはゆったりくつろげる場所はすごく心地よい。

2人で目指したリビングがゆっくり形になってきました。
みなさまのお越しをお待ちしています♪
[PR]
# by mokomoko-chan | 2007-12-15 22:31 | Design/Interior

Are Japanese still polite?

会社帰りの電車内で不思議な光景に遭遇しました。

 混雑する車内。入り口は話に熱中するサラリーマン達が塞いでいて乗り込む乗客はわずかな隙間をぬって乗車する。二駅目も状況はかわらず乗降客は無言だった。邪魔な人達だな~と眺めていた時のこと。

  「シツレイシマス」

声の主は白人男性だった。

More
[PR]
# by mokomoko-chan | 2007-12-10 13:57 | Daily Life

Nara

 ロンドンからMaikoさん&Jerry夫妻が一時帰国。
はるばる会いに奈良まで行ってきました。
f0048134_16562985.jpg


More
[PR]
# by mokomoko-chan | 2007-12-08 22:21 | Travel

An errand

我が家では必ず翌週の平日の予定を聞き帰る前に電話をもらいます。

いつ、誰と飲みに行くのか。

それに面倒臭そうにそれに答える相方。

相手を束縛しようなんて気持ちはさらさらない私にとって、夕食の有無を把握する以外に実は入内な理由があるのです。

ある日の24時直前のこと。
[PR]
# by mokomoko-chan | 2007-12-07 22:48 | Family

Yellow ginkgo

f0048134_2261816.jpg 外苑前の銀杏並木。
お天気も良くてこの日は散策日和。

予想通り凄い人出でしたがやはりこの光景を見ると東京の秋を感じます。

とは言え今年は猛暑の上に暑さが長引いたので色づきはイマイチ。
微妙に緑がかった葉も多く観られ金色一色ではないのが残念なところ。


それでもこんなに綺麗に色づいた木もあって空に映えます。
f0048134_228313.jpg


お供にはほかほかの焼き芋。
ぼったくりと思っても家庭じゃできないあのホクホク感と皮のパリパリ感はやめられませんね。

その後はお決まりの・・・
[PR]
# by mokomoko-chan | 2007-12-02 21:45 | Daily Life

A man in black

 映画ネタ続きで先日観た"大統領暗殺(Death of a President)"の話を。イギリスでも放送するずいぶん前からitvとかで話題になっていた作品です。
f0048134_20485031.jpg


 結論からすると映画館じゃなくてもいいかな、と。ドキュメンタリーベースな上に台詞がゆっくりはっきりしていたのでヒアリング勉強には向いているから、自宅でだらだらしながら観るのに適してそう。内容の割に長いし。ストーリーは見え見えだし。近年の世界情勢からして題名からも明らかなように「まああるかもね」ぐらいの感想です。

 そんな消化不良の気持ちを一気に吹き飛ばしたのがこの紳士。
f0048134_0104993.jpg


More
[PR]
# by mokomoko-chan | 2007-11-24 00:10 | Daily Life

Nostalgic London

 ラグビーの後は彼と合流してWoody Allen監督作品のタロットカード殺人事件を観てきました。
f0048134_20292883.jpg Woody Allenだけにサスペンスではなくコメディー映画でした。実はこの手の映画はちょっと苦手。ロンドンでの知人が「(我が家の)近所の映像がよく出てきましたよ」と教えてくれたので内容というよりそちらを期待しての観賞に(笑) 

(C)JELLY ROLL PRODUCTIONS LIMITED 2006/WISEPOLICY

 内容は至極先が読め易いストーリー展開で舞台がロンドンじゃなかったら厳しい意見になっていたはずだけど完全に街並みの映像(だけ)にやられてました(^。^;) あとは英語のリスニング勉強って感じで、ストーリーに期待してはいけません。はい。でもPeter役のHugh Jackmanのイギリス人らしい言い回しは聞いていて結構好きでしたね。Woody Allenは飄々としていてイギリス人の皮肉り方が彼らしいかも。

そんな映画の内容とはうらはらに胸が締め付けられました。

最初のThe Dorchesterの映像で「あ~懐かしい」とスイッチが入り。

ダブルデッカーやころころしたCabを見て「あ~乗りたい」。

Holland Park周辺の白壁の街並みや鉄のフェンスに心掴まれ、Hyde ParkやRoyal Albert Hallを見ればノックアウトで「あ~帰りたい」。

帰宅したらイタリアの友人からメールが入ってるし。

郷愁です。

うー。
[PR]
# by mokomoko-chan | 2007-11-23 19:59 | Daily Life

A traditional match

f0048134_19564757.jpg

 伝統の一戦。11年連続でこの日はこの場所です。

 去年はロンドンから一時帰国中に。時が過ぎるのは早いものです。外苑前の銀杏はようやくうっすら色付き始めてました。金色になるにはあともう少し日数が必要みたいです。ここ数日の厳しい冷え込みでこの日も凍みる寒さを堪えての観戦。でも選手のプレーを観ていると熱くなるから、この内外の温度差がいいんですよね。

 2年前のこの日は近くのカフェで待たされ、去年はロンドンに置き去りにされた相方は今年は家でお留守番(苦笑) 去年の思いはどこへやら。デビューは来年までお預けとなりました。ごめんね~。
[PR]
# by mokomoko-chan | 2007-11-23 19:56 | Daily Life