1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Good luck!!

 数日後にロンドンを離れる友達の送別会を。
Maikoさんと私のお墨付きでThe Capitalのアフタヌーンティーへ。

 腹ペコで臨んだ今回のアフタヌーンティー。
ひたすらしゃべり、食べ、飲みました。サンドウィッチとスコーンは迷わずお代わり。
やっぱりここは美味しい!! 気取らずに楽しめるし、塩加減の調度いい具に適度な柔らかさのバンズで作られたサンドウィッチ。甘さ控えめでバラエティーに富んだフィンガーデザート。そしてとりはやっぱりクロテッドクリーム。脂っこさがないので濃縮された乳脂肪分の味が堪能できるここのクロテッド。他のお店ではジャムと合わせて食べることが多くても、ここはジャムなしで食べるのが一番美味しい。

 お昼を抜いて望んだ腹ペコ3人組。1皿1皿ぺろりと平らげにっこり笑って追加オーダー。しかも今回"アジア人でよく食べる&よく喋る=私達"とウエイターに認識されている恐れありということが判明しました(苦笑) それでもまた行きますよここは。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-03-29 06:57 | Food

Power off

 夜20時過ぎ。楽しみにしていたBBCのPride and Prejudiceを観賞中のこと。リビングのスタンドライトが1段回暗くなったので「やれやれまた電球買ってこなきゃ」と2人で溜め息。その1分後さらに1段階ライトが暗くなる。そしてMr.DarcyとErizabethが最初のパーティーでダンスをするシーンで一転して真っ暗闇に。

 ブレーカーが落ちたかなと思って窓の外を眺めると周囲一帯が真っ暗闇で停電だと気付きました。といっても横を眺めると1本挟んだ通りは煌々と灯が点っていて一部のみが被害を受けたことが判明。懐中電灯は電池切れ、キャンドルを出すもマッチが見つからず、てくてく歩いてライターを購入してなんとかキャンドルで灯をとることに。周囲を見回すと5分後ぐらいからゆらっと揺らめく暖色の光がぽつりぽつりと増えてきて、みんな同じように休日の夜に突然見舞われた暗闇で光を準備するまでに時間が必要だったみたい。 インテリアでキャンドルは飾っていても、いざつけるマッチorライター、そして懐中電灯の準備って大切ですね。
f0048134_6251496.jpg わずかな光があればとりあえず落ち着くし、ワインと合わせて食べようと思って昼間に買ったイベリコ豚をいただく。思いがけずちょっとムーディーかも(笑) 

 けれども食べ終わったらやることなし。TVもPCも見られない。光がないから本も読めない。この国で30分そこらで復旧することは考えられず「早くても4~5時間」と見積もった私達。お風呂にも入れないので、給水タンクのお湯が温かいうちに顔を洗って寝ることに。
 キャンドルの灯は眠気を誘発させる上に、幸か不幸かこの日の深夜はサマータイム開始。1時間時計の針が進むので元々早く寝る必要があったけれど思いがけず強制的にベットに早くいくハメになりました。

Go to Green
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-03-24 20:17 | Daily Life

La Fromagerie

f0048134_3163582.jpg ゆっくり起きた休日は遅めのブランチにLa Fromagerieへ。
 ここはチーズ専門店。湿度・温度管理が万全のチーズ保管室だけでなく、オーガニックフードも扱ってます。
 ウィンドウにはTom&Jerryに出てきそうなチーズが存在感たっぷりに飾られていているのもオシャレ感たっぷり。

La Fromagerie
 2-4 Moxon Street
  London W1U 4EW

f0048134_316293.jpg 今日のお目当ては店内にあるTasting Cafe。わずか20席ほどしかないこじんまりとした雰囲気の中、チーズはもちろん軽い食事が愉しめます。もちろんオーダーしたのはチーズの盛り合わせ(S)。こちらに来て始めたのがクリームチーズに蜂蜜を合わせるという食べ方。フレンチレストランに行くと、デザートの前にチーズ盛り合わせを聞かれる場合が多く、"チーズ=つまみ"という概念しかなかった私も、この食べ方だとチーズがメインの後というのもなんだか納得できます。一緒に頼んだMeal of the dayのパイもたっぷりのチキン+あっさりしたクリームソースでなかなかの味。すべて満足して平らげました。

 昼間からゆったりワインをくゆらせながらチーズを味わうってヨーロッパらしいしとても贅沢な食べ方。日本にもあれば結構いけそうな気がするけれどどうなんでしょうか。なにはともあれワインも豊富に揃っているのでワイン好きにもおススメなお店です。 
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-03-24 20:17 | Food

Happy Birthday

 今日は彼の30歳の誕生日。
 お祝いはKnightsbridgeのThe Capitalへ。ここへはアフタヌーンティーは何度かあるけれどダイニングは今回が初めて。特にダイニングはミシュラン2つ星で同じランクのThe Squareよりもこじんまりしているだけに落ち着いた雰囲気。お客さんも「うわ~石油持ってそう」とか「フレンチ系のセレブだな」とか心の中はそんな感じでかなり大焦りの庶民。 ラフにスーツを着崩したオシャレなオジサマも多くて、ロンドンでは珍しくいい勉強になりました。女性陣の靴にも釘付けでしたね。

 本題に戻って前菜で頼んだのは"Crab lasagna with langoustine cappuccino"。
カニのラザニアにこれまたカニの出汁がしっかり利いたスープが掛かっていてなかなか濃厚なな味。
 メインはSaddle of rabbit ‘Provençale’, seared calamari
and tomato risotto。ウサギのいろんな部位を盛った一品。個人的に気に入ったのは砂肝(←やはりオヤジ系)。
 デザートはジンジャーアイス。エスプレッソに付いてきた手作りキャラメルは美味でした。

 圧巻だったのは周囲の食欲。見るからにセレブの方々は前菜*2、メイン(ハーフサイズ)*2、チーズ、デザート*2をペロリと平らげワインもぐびぐびぐびっと飲んじゃうんですね。どんな胃袋してるんでしょうか。

 実は2年前は風邪をこじらせて自宅に見舞いに来てもらい、去年も風邪でいまいちの状態。なので3度目の正直ということで臨んだ今日なのに写真を撮り忘れました(苦笑) というかとても撮れる雰囲気ではなかったので敢えて撮れなかったのが事実。記憶に残ればいいのです、記憶にね。
f0048134_684619.jpg 三十路に突入した彼へのプレゼントはMont Blancのペンを。重厚感あるシェイプはさすが。歳を重ねていくのに合わせて少しずつ一生物を1つずつ揃えていってほしいなと思ったのが理由。今はまだちょっとフィットしてなくても時間と共にしっくりくるような男性になって下さいまし。
 かくいう私も1ヶ月弱で三十路突入。人生ががらりと変わったように勢いで駆け抜けた感のある20代。30代はこれから先をより充実したものにするために2人で深さと幅を広げていこうと思ってます。
 とにかく。誕生日おめでとうっ!!
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-03-23 20:15 | Food

Brasserie Roux

 彼が飲み会で不在なら私も、ということで友達3人で前から気になっていたBRASSERIE ROUXへ。

 PiccadillyをLaicester Squareへ抜けていく角にあるちょっとこじゃれたレストラン。昔LloydsBankの店舗だったというSofitel Hotelに隣接していて、中に入ると高い天井にモダンなインテリア、開放的な雰囲気が広がっています。そして店内のあちこちに"鶏"。ポートレイトからブロンズ、陶器などなど、いろんな形のニワトリが楽しめます。

 先週末から風邪をひいている私に加え、おそらく私がうつしちゃったであろうMaikoさん(→ごめんね)、そしてMihoちゃんも風邪気味というウイルス3人衆。それでも美味しくいただきました。
 特にMushroon Cappucinoは味覚が完璧でない私達でも「おいしい!!」と口に出した一品。じっくり炒めたマッシュルームにたっぷり泡立てたミルクが絶妙なバランスでした。
 ミシュランで星はなくてもお勧めのお店であるビバンダムマーク(→白いもこもこくん)がついているだけありました。そういえばミシュランガイド日本版が出版されるとのことですが、どういった結果になるか今から楽しみですね。個人的に言えば星がなくても美味しいお店が星の数ほどあり、食のバラエティーも豊かな日本では結構評価は難しいんじゃないかと思うんですよね。

 なにはともあれBrasserie Roux風邪が治ったら再チャレンジしにいきます。
 
 BRASSERIE ROUX
  8 Pall Mall, London
  SW1Y 5NG
  +44 (0)20 7968 2900
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-03-22 20:16 | Food

Vatican

 カトリックの総本山にして世界最小国ヴァチカンへ。
f0048134_5405453.jpg


More
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-03-19 20:15 | *South Euro*

Roma Marathon 2007

f0048134_3545664.jpg 名目上の目的であるマラソン応援へ。父は「全ての道が通じたローマを走る」ことが長年の夢だったからさぞかし楽しそうに走っているのかと思いきや、11km地点で見つけた父はすでに足を痛めてました。それでも根性で走ると言って走り去って行くんだからぐーたら娘からするととても自分の父親とは信じがたい。
 なんでもローマの石畳はそこんじょらの石畳とは違ってとにかく硬い。というのも1mくらいの石柱が埋め込まれているため、衝撃を和らげることなく直接足にその硬さが伝わってしまうそう。確かに昨日1日歩きまわっただけで、いつもはさほど疲れない私達もホテルに戻った頃には足が棒のようになっていたのはその理由だったんですね。ローマに行く時には歩きやすい靴、特にスニーカーを履いていくことお勧めします。

今日の巨匠
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-03-18 05:50 | *South Euro*

Holiday in Roma

f0048134_311813.jpg ローママラソンに参加する父親の応援という名目でローマへ。去年のパリマラソンですっかり海外マラソンに味をしめたらしい我が父。一方その娘夫婦は格安旅行に味を占めてのローマ入りです。

 いつもながらのLyanAir。8時台と我が家にしては遅めの便だったのでローマに着いたらすでにお昼。格安慣れしてると早朝出発&お昼前到着に慣れているのでこの時間にはかなり焦る2人。

遅れを取り戻すべく
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-03-17 05:39 | *South Euro*

Brioche

 先月遊びに来た親友は「ロンドンは美味しいものばっかり!!」ととんでもない勘違いをして帰国しましたが 

       日々の食材探しにも困ってるのよ~

と文字をにして言っておきます。

 基本的にうちは朝はゴハン党。でもたまーにパンが食べたくなるとそれが難題。スーパーで買うものはどれも硬いし、味わいないし、パサパサしてとても食べられず。かと言って物価高のロンドンで毎回PAULやPartidge'sなんかで買うわけにはいかないし、お安い庶民の口としては時折ヤマパン的チープな味が恋しくなる。
 
 そんな我が家の最近のお気に入りはこれ。WinterbothamのBrioche Rolls
f0048134_4254345.jpg

 発売元はイギリスでもパンはフランス産。Produced in Franceの表示を見て買ったら大正解♪ 日本を思い出させる味で6個入りで£1.79(@Waitrose)はお買い得!! 同じシリーズでチョコチップ入りもあるから小さな子供用にもピッタリ。どちらともかなりの人気商品なのでいつも品薄なので見つけたら即買うべし。
 それにしてもフランスはさすが食の国。たいてい期待を裏切らない味なので、ジャムやマヨネーズ、バターも基本的にフランス産を利用。まあある意味イギリス産も期待を裏切らないですけどね。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-03-15 03:46 | Food
f0048134_555181.jpg ここ数日快晴続きのロンドン。気温もぐっと上がって春を思わせる陽気。(といっても15℃そこそこ) これは外に出て運動だ!!ってことで早速HydeParkのテニスコートを予約。

 が・・・空いているのが8時か17時のみ。陽が傾くとさすがに冷えるので前者に決定。前日の宴会にも負けず気合で起きました、よ。「よし行くか!!」と外に出ると雲も風もないまさにテニス日和。行きの道だって立派な散歩道。

 8時にコートに着くと私達以外にもも予約していた人達が既にプレイしてるではないですか。負けじとラケットを手にしてテニス・・・というか個人レッスン開始。青い空のもと鳥のさえずりを聴きながら大都市のど真ん中でテニスなんてなんとも贅沢。まあそんな感慨に浸る余裕はとてもありませんでしたが。
 相変わらず注文の多い生徒なのに、それに懲りずに「どこがいけないんだろう?」と私の一挙手一投足を見ては一生懸命考えて教えてくれる彼の度量には頭が下がります。(←ただし心の中のみ) 最後のほうにもらったアドバイスで少しコツをつかめて1時間みっちりのテニスは終了。私は少し疲れたけれど、本格派の彼にしてみれば物足りなかったかと尋ねれば「あちこち走らされたからいい運動になったよ」と。そうね。そうよ、それを狙ってたんだってば最初から(笑) 
f0048134_5555211.jpg なんにせよ朝から運動すると気持ちいいですよね。水仙のカーペットがあちこちに見られ、スノーベル、木蓮、椿、寒桜と彩り鮮やかな春の兆しを愉しみながら帰り道。家に帰ってもまだ10時だからなんだか休日を2倍得したような気分。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-03-11 05:21 | Daily Life