1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー

<   2007年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Simpson's in the Strand

 ローストビーフで有名なSimpson's in the Strandへ行き

  牛肉あまり好きじゃないかも。

ということに今回初めて気付きました(爆)

 いや。味は美味しかったんですよ、ホント。ザ・ブリティッシュ料理のヨークシャープディングとの組み合わせ&その大きさにはビックリしたけど味はなかなか。もうちょっとPoshなところかと思っていたらなんともカジュアルな雰囲気の老舗店。SAVOYに併設していてもSAVOY Grillよりもかなりカジュアルダウンしたお店です。元々カフェ(兼チェス場)だったこともあってレストランというよりサロンといった感じのインテリア。

 そんなお店で問題だったのは私の嗜好。牛肉でもヒレやサーロインよりタンやモツが好きだし、さらに言えば牛肉より豚肉や鶏肉の方が好きなんですよね。最終的には肉類より魚介類のほうが好きだし。
 追い討ちをかけるように"気持ちだけでなく体に合うのもこの順序かも"と実感させたのが翌日の胃もたれ。元々胃の消化機能が弱いので普段も夜は控え、彼が外食の時には食べないことが殆ど。それにあの大きさのローストビーフは重過ぎました。
 そういえばBFS(狂牛病)発祥の地において牛肉を食べないことに全く抵抗感を感じなかったのはこういう理由だったのか・・・。「今頃気付いたの?」って彼からのツッコミはあえて聞こえなかったことにします。

行った理由は・・・
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-02-27 05:26 | Family
 朝はMarylebunenにあるWigmore Hallへ。前回も書いた通り日曜朝11:30からのCoffee Concertは本当にお得。£10で1時間強の演奏と飲み物代が含まれてるのだから物価高ロンドンでは信じられないリーズナブルさ。

 今回はぜひとも聴きたいと思っていたストリングス(弦楽奏)。これが大正解。前回のピアノを含むトリオも良かったけれど、このホールには弦楽器の重奏のほうが合ってますね。前日の睡眠不足も手伝って2人して身も心も音楽に委ねた時間。
 ■演目 (Goldner Quartet)
   ・String Wuartet in B K.589
                     (Mozart)
   ・Meditation on an old Bohemian Chorale
    (St Wenceslas) Op. 35a
                              (JosefSuk)
   ・StringWuartet in F Op.98 American
                        (Antonin Dovorak)
f0048134_5174897.jpg 周囲を見渡すと相変わらず平均年齢60代の客層。白髪交じりの老夫婦がメイン層なだけに明らかに会場内で一番若い夫婦でしたね。おかげで「おやおや若いの」って目で見られてました(笑) そんな客層もあってか"Old style(古臭い)"と揶揄されることもあるようだけど、週末に少し早起きしてここに来ると気持ちがリッチなまま一日を過ごせるから個人的にはとても気に入っている場所の1つ。夜の部とは違って着飾る必要もないしカジュアルに楽しめる演奏会。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-02-25 05:06 | Daily Life
 「そろそろ真剣にロンドン観光するか」ということでテムズ河沿いにあるサマセットハウス(Somerset House)へ。1月のBBC Breakfastでのお天気キャスターとスポーツキャスターのアイスダンス披露(生放送)のイメージが強い場所ですが(苦笑) 芸術好きには必見の場所の1つかと。
 11月~1月まで場外アイスリンクが設置される中庭。
f0048134_523373.jpg


f0048134_5004.jpg Westminsterからテムズ河沿いに歩いていたときに公園で見かけた早春の兆し。
梅を見ると水戸で大学院時代の友人達と勢いで水戸黄門・助さん・角さんトリオと写真を撮ったことを思い出します(爆)
 満開のミモザ。ひよこの様なふわふわの花弁。風に乗って柔らかい甘い香りがそこら中に漂ってました。
f0048134_511788.jpg

 ロンドンでは美術館/博物館=入場無料が通常ですがサマセットハウスは全て有料。ここで購入したのは3Day Pass(£12)。ロンドンアイ1回分で敷地内にある全ての展示を見ることがでできるお得さ。おまけに3日間有効なので都合に合わせて展示を選べるので、今日はGilbert CollectionとHermitage Roomだけ見て残りは明日にすることに。なんとも便利なチケットです。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-02-24 04:41 | Daily Life

Ikebana - 23 Feb

 友達を見送った後は久しぶりのいけばな。
これまで週1で行っていたのに2月から忙しくなったので本当に久しぶり。やっぱり家で1人で活けるのと、先生に指導していただきながら活けるのは気が引き締まります。他の生徒さんの作品を見たりそれに対する指導に耳を傾けることも勉強になるし。中伝の御免状もいただきました。
f0048134_437598.jpg①正花正風体
ハラン(Aspidistra)
菊(Chrysanthemus)
アストラメリア(Astramelia)
f0048134_4381533.jpg②正花新風体
 ヤマブキ(Kerria Japonica)
 アストラメリア(Astramelia)

 ヤマブキはとても繊細な可愛さのある枝モノ。このニュアンスのあるヤマブキ色を見ると春を感じます。

あいかわらず活ける時間よりお茶話の時間のほうが長いですがそれも先生のお人柄。始めてから1年経った訳ですが、この先生じゃなかったらここまで生け花を愉しむことはできなかったかもと思います。ロンドンにいる間に出来る限り多くお稽古したいもの。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-02-23 04:46 | Flower

Kew Gardens

 あいにくの雨だったこの日は世界遺産Kew Gardensへ。まだまだ肌寒い日が続くロンドンにも春の足音は一歩一歩近づいてきているようです。
f0048134_88995.jpg


More
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-02-22 08:02 | Flower

AfternoonTea & Kylie Minogue

 友達の希望があってAfternoonTeaへ。一度気に入るとずっとリピートするタイプなのでThe Capitalのティールームへ。
f0048134_7554550.jpg やっぱりここは最高。こじんまりしながらほっこりした落ち着き感がなんとも言えず。もちろんお目当てのクロテッドクリームは今回も文句なしでした。ここは全部のプレートが繊細な味なのでお腹さえ許せばいくらでも入ってしまうから、朝食軽め&昼食抜きで臨んだ私達はサンドイッチとスコーンのプレートをそれぞれお代わり。日本にいる頃は紅茶はあまり好きではなかったけれど、やはり水質が合うのかこの国で飲む紅茶は味わい深くきちんと入れたものは何倍でも飲めてしまうから不思議。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-02-21 07:11 | Daily Life

Chinese New Year in 2007

f0048134_6475141.jpg
 Pig Year(猪)の今年も去年に引続きチャイナタウンへ。相変わらず物凄い人混みのこの通り。それを承知でこの日にここに来るのも物好きかも。
 日頃から中国人のパワーはよく感じるけれどこの日はそれを心底感じさせられる日。移民として渡ってきたこの地で文化も合わせて市民権を得ている彼ら。日本人にはないその適応力と民族としての強さには敬意さえ覚えてしまいます。

f0048134_6491178.jpg 途中から友人家族も合流してLeicester Square~Westminster~St James Park~Green Parkと散歩。ロンドンのど真ん中に位置するSt James Parkではあちこちに駆けずり回るリスの姿や優雅に泳ぐペリカンが見られるので、都会なのに自然が多いのはこの街のいいところ。喧騒のすぐ脇に緑に囲まれた静かで穏やかな光景が広がっているなんて幸せ。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-02-18 06:35 | Daily Life

Welcome!!

f0048134_6302314.jpg
 大学時代の親友がハワイで結婚式をあげている頃、高校時代からの友人が海を越えてロンドンに遊びに来てくれました。しかもこんなにお土産を抱えて。前回の両親からのも合わせロンドン史上かつてないほど日本食材に恵まれた我が家です。
ありがとう♪これに負けないくらいたくさんの楽しい思い出を日本に帰ってね。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-02-17 05:07 | Daily Life

St Valentines Day

 2月14日といえば日本では女性が男性に贈り物をする日。だけどこちらでは男性が大切な女性に贈り物をする日。だからこの日が近づくと、カード屋さんには"my sweet wife"とかの甘~い言葉が踊るカード、そして花屋には赤いバラが軒先を飾るようになります。

 夕方いつもの帰り道もこの日ばかりは赤い花束を抱えたたくさんの男性とすれ違い、花屋では赤いバラを買うために列をなす男性を多く見かけました。ビシッと決めたスーツ姿のCity Workerからおじいさんまで、みんないそいそと家路に急ぐ姿はなんだかとても微笑ましい。"どんな奥さんや恋人が待っているんだろう?"なんて、彼らの花の行く末を想像するのも楽しいもの。

 さて肝心の我が家ですが、相方は友人と2人のサシ飲みで遅いご帰宅。ある意味この日にそんなことをやること自体周囲から怪しまれなかったんでしょーか(苦笑)
f0048134_343621.jpg それはさておき、ほんのりアルコールの香りがする彼からもらったのは真紅のバラとカード。花は枯れてしまうけれど気持ちはずっと残るものだからやっぱり嬉しい。大切なパートナーや恋焦がれる人に男性から気持ちを伝える日があるっていいですね♪
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-02-14 03:26 | Family

long-awaited gifts

 今日帰宅したらグランドフロアに小包を発見。しかも日本語。ようやく待ちに待ったものが届きました。

f0048134_4385527.jpg<届いたもの>
  ・梅昆布茶
  ・ひじきのふりかけ
  ・おにぎりワカメ
  ・海苔
  ・だしの素

  ↑海鮮系ばかり(汗)

 海産系ばかりでも今の私にはFortnum Masonのバスケットでも比べ物にならないほど豪勢なBox(w
特に梅昆布茶は一時帰国時にはまった1品でほんのり梅の味がして飲み終わった後には昆布も食べられちゃう。今回は200袋と大量購入したから心置きなくガンガン飲みますよ。

 結構周囲は実家から小包が届くみたいだけれど我が家は双方とも"リクエストがない限り送らない"だから実は渡英してから初の小包。それだけにありがたさもひとしお。添えてあった大きくなった甥っ子ズ&祖父母の写真は遠い日本に思いを馳せさせてくれました。なにはともあれ父上様&母上様ありがと~♪大感謝です!!

P.S Percel Forceで無事に届いた上に食品でも関税に引っかからなかった理由は合計金額の低さが一因かと。あまり高すぎる金額だと抜き打ち的に関税料金徴収されるのでご注意を。でもやっぱり最大の理由は"運"かも。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-02-13 04:16 | Family