1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー

<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Casual Talk??

すっかり日が落ちるのが早まり、雑踏行きかう夕暮れ後のVictoria駅のスタバで彼を待っているときのこと。「Can I sit here?」と隣に座ったインド系イギリス人の男性(40代後半)。もちろん1人だったので「Sure」と返す私。まあここまではよくある光景です。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-11-28 04:54 | English

Go back to London

怒涛の1週間が過ぎロンドンへの帰国当日。
結局ホテルに戻ったのは午前3時過ぎ。引出物を手にして部屋に戻った私を待っていたのは23kg以下に詰め込まなければならないスーツケースと荷物達。8時過ぎのバスに乗るため結局今夜も睡眠時間はわずか2時間。・・・スケジュールというより体力的に強行突破だった1週間。まだまだやる気になればやれる年だったのね私。

この1週間はいろんな友達に会って飲み&食べまくり翌朝胃を痛めては、朝食&昼食をまともに取れずスタバのコーヒーで徐々に胃をならし、夜また飲んで食べるの繰り返し。せっかく帰国したのに夜中に帰宅して朝実家を出て行く-文字通り寝に帰るだけの親不孝モノでごめんなさい。こんな生活の結果、ゲルマニウムとOxyカプセルが効いたのか、はたまたこの不規則な生活が祟ったのか分からないけれど、帰国したら体重がわずかに減ってました(苦笑)

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-11-26 04:30 | Travel

Happy Wedding in Tokyo

f0048134_3432669.jpg
二人の門出を祝福するかのようにこの日は朝から快晴。まずはヘアセットのために表参道へ。その後は教会近くのスタバで同期のさっちゃんとお茶。近況報告も兼ねていろいろ話し込んじゃいました。

f0048134_3434485.jpg東京タワー近くの教会へ。新婦は前の会社の同期で新郎も先輩。そのため会場では同期をはじめ仕事でお世話になった人など懐かしい面々と再会して1年前までいたあの空気がふっと蘇ります。
この空気が好きで、会社が好きで、だから辛くても続けていられたということや会社を去る日の胸を締め付けられるような気持ちを思い起こすと、どれだけ自分がいい会社にいたのか実感させられます。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-11-25 03:37 | Travel

Mitsui Garden Hotel Ginza

翌日結婚式で朝からバタバタするのと、日曜には帰国なのでいろいろと便利な三井ガーデンホテル銀座へ異動。義母からも家へ誘われたのですが、さすがに夜中遅くに帰宅したり朝早かったりと迷惑をかけてしまうのでこちらに。

f0048134_2572328.jpg実はここ1年前にオープンしたばかりで、世界的に有名なデザイナー:ピエロ・リッソーニがデザインを手がけたホテル。16階のフロントからは間近に迫る汐留や浜離宮、レインボーブリッジはもちろん東京タワーまでが望める展望の良さ。落ち着いた色調のモダンインテリアに囲まれた空間はスタイリッシュ感たっぷり。

客室もダークブラウンとホワイトのシンプルなインテリアでとっても落ち着ける空間。驚いたのはバスルームに設置されたシースルーガラス。ボタンを押すとバスルームから客室を通して夜景が望めること。しばらくはつけてたり消したりで遊んでました。さらにベッドも快適。が・・・このベッドで寝たのは2日間合計でわずか5時間(涙)
でもここは本当におススメです。特に一時帰国なんかで東京滞在する場合には、成田までのリムジンバスがホテル下から出ている上に日比谷・銀座エリアではお値打ちな価格帯。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-11-24 02:57 | Travel

Rugby

f0048134_231422.jpg
毎年恒例のラグビー観戦へ。雨との予報を裏切り、なんとか天気が以った曇り空の下での一戦。実はこの日に秩父宮へ通うようになって早10年目。いや~恐ろしい。成長してないな私。親友が用意してくれたメインスタンド席から、ほんのり色づき始めたイチョウ並木を後ろに寒空の下での観戦。

前評判の高い母校に対して善戦する相手校。このカードとしては久しぶりに均衡したゲーム。母校にとっては次の試合、そして大学選手権に対して不安を残す内容だったけれどとりあえず勝利を手中にしてロンドンから応援しに来た甲斐があったというもの。(→帰国理由じゃないけど)

実は2年前の同じ日。当然この試合を観戦していた私。試合前に銀杏並木を彼と散歩した後、チケットを持っていない相方を試合中2時間ほど外のカフェで待たせていました(苦笑) 今思えばその頃から鬼嫁の素質があったのか・・・。帰国したら3度目の正直で一緒に肩を並べて観戦したいものです。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-11-23 00:54 | Travel

Hair Maintenance

日本に帰るからとの理由でしばらく我慢していた美容室へ。昨年末に改装してさらにリラックスできる空間に変貌してました。「お帰りなさい」と迎えてくれたJoさん。安心できる美容師さんがいるってこんなに心強いものなんですね。もうここはお任せ。カラーリストのGotoさんにもキレイに仕上げてもらって文句なし。

さらにここで思わぬ掘り出しモノをしちゃいました。なんと梅こぶ茶。南青山の美容室で昆布茶ってのもミスマッチだけど美味しいものは美味しい。びっくりするほど美味なのです。飲まれたお客さんの多くが問い合わせをされるくらいの味。梅好きな私にとっては、ロンドンでは高級品に入る梅を手軽に味わえるこれはヒット。帰り際にはパンフレットを握り締めてました(苦笑) 早く届かないかな~。
f0048134_2185530.jpg夜は高校時代からの親友達と新宿いらかでふぐ鍋。ふぐ刺は大好物の1つなのでナイスチョイスに大感激。おこごりや〆の雑炊も出汁がしっかり利いていて箸が進む進む。これぞ日本の冬。う~んしあわせ♪

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-11-22 00:27 | Travel

Dinner @ Cha Cha Hana

3日目。今日も朝からバタバタ買い物やら手続きやらで大忙し。夜は双方の両親と新宿で食事。

結婚は本人同士だけでなく、両家の間に新たな関係を築くものだということを改めて気付かされます。幸い私たちの場合、両親同士がお互いに合うことを楽しみにしてくれるので娘としてはとても嬉しいもの。

会場に選んだのは茶々花。歌舞伎町にありながらひっそりと佇む外観、、古民家を改築した落ち着いた空間、そしてなによりお手軽な値段で料理が楽しめるので昔からお気に入りのお店。最後には抹茶と和菓子がサービスで付くのも嬉しいところ。いつの間にか人気店になっていて、火曜日にも関わらずすごい混雑具合。

  茶茶花
 新宿区歌舞伎町1-1-1
 Tel 03-5292-2933
 Open 17:00~28:00 (Mon ~23:00)

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-11-21 23:34 | Daily Life

Oxy Cupsel

by mokomoko-chan | 2006-11-20 23:04 | Travel

Back to Japan -Lovely nephews-

Virgine Atranticで東京へ。努力の甲斐もむなしく一睡も出来ず・・・(涙) 結局本1冊、映画3本、テトリス20戦超で13時間を乗り切りました。長時間フライトって耐久レースのような苦痛さが嫌い。でもVAだとEntertainmentツールがエコノミーでも充実しているからまだ気楽かも。眠れない人にはスクリーンが見えない他航空よりはお勧めです。

ヒースローから飛び立って約17時間後にヘロヘロになりながら実家に到着。さて寝るか、と思ったところへ兄から「これから行くから」との電話。
長時間フライドでどんなにお肌がボロボロになっていようと眠れない・・・・眠るわけにはいかない。
だってこ~んな可愛い甥っ子ズがくるんだもの。
f0048134_1045274.jpg


More
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-11-19 21:23 | Travel

Does it suit me?

今週末から友達の結婚式のために一人で一時帰国予定。
「美容室行かなきゃ」、「おおっと歯医者も」、「ここまで来たらゲルマニウムに酸素カプセルだ!!」と国際電話で予約万全。
やっぱり日本っていいよね~と思いつつ、たるんだオシャレ心もちょっと引き締めなきゃいけないので実はちょっと帰国がドキドキだったりします(^^)ゞ

メインは結婚式なので当日着るドレスを調達しようとHigh Street KensingtonのKaren Milanへ。ここはトレンドを上手く取り入れつつ、シンプルかつ女らしいラインのものが多くてお気に入りのお店。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-11-16 05:00 | Daily Life