1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー

<   2006年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

前回のRoland Garrosに続き、グランドスラムの中でも最も歴史のあるWimbledonへ行ってきました。目的は次のUS Openで引退、今回が最後のWimbledonになるAgassiを観るため。

到着したのは8時半。すでに長蛇の列が出来上がっていて、整理券は3,500番台でもうだめだと諦めていたのですが、残り数枚のNo.1コートのチケット入手に成功♪

会場に入ってぷらぷらしていると王者・Federerに遭遇!! 試合中のクールフェイスとは違い、気さくにサインに応じている姿はとても好感が持てました。もちろん私もしっかりGetしてきましたよ~。今回は1人で行ってきたのでFedererの大ファンの彼に話したらかなりうらやましかったみたいで「いいなぁ~」を連発されました。
f0048134_16254096.jpg

そしていよいよAgassiの登場。イギリスでの人気の高さをうかがわせるように、平日にもかかわらず会場は満員。36歳の年齢に加えて背中の故障もあって、昔の精彩さからは程遠いプレーで少々苦しい展開の試合。
f0048134_16315063.jpg
それでもAgassiの目ってきれいなんですよね。澄んでいる、深みのある目を見ると、過去の王者が少々無様なところを見せる羞恥心はなくて、心からテニスを愛しているんだなぁと実感しました。試合終了後、勝ったAgassiが観客に向かって一礼する姿を見て目頭が熱くなりました。次はランキング2位のNadal。頑張れAgassi !!
f0048134_16322889.jpg
第2試合目はV. Williams。最初は相手に押されていても窮地から逆転する底力はさすが。
最後はHewittとLeeの試合。優勝候補のHewittにLeeがよく食い下がっていたので、
コートマナーの悪さここにありという姿もしばしば(笑) 大事なポイントで得点したときの彼の口癖「Come on !!」を何度も耳にしました。とても白熱した試合はデュースに次ぐデュースで最終ゲームまでもつれ込むほど。観客も大喜びでHewitt、Leeへ飛び交う声援。隣の老夫婦も「なんてエキサイティングな試合なんだ!!」と興奮していました。手に汗握るってまさにこのこと。4ゲームが終了したのは9時過ぎ。残念ながら大会規定で翌日延期となったけれど、とっても楽しめた1日となりました♪
f0048134_16303359.jpg


Queuing
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-06-30 15:56 | Daily Life

Summer Sale

イギリスもついにセールシーズン。あちこちで"SALE"、"Up to ○○%OFF"という文字が躍ります。物価高もあって、ファッション系の買い物はおろかウィンドーショッピングすら最近あまりしていなかったけれどやっぱり血がうずきます。年末のセールは引越しのバタバタで参戦できなかったし。そのせいもあってか今回は何かが吹っ切れたみたい。

いや、吹っ切れてみたかった。

とにかく靴が大好きな私。海を越えてやってきた靴達はフラットの玄関にずら~っと陳列しています。彼も「どこまで増えるの・・・」と呆れ顔。いいんです。はい。最近は止まってるもん。
幸か不幸かこっちでは高級ブランドもセールになるから、日本では手が出せなかったものもちょっと頑張れば手に入れられるお値段。靴好きの私としてはまさに天国!!

・・・のはずだった。
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-06-26 04:41 | Daily Life

Come on England !!

f0048134_15562484.jpgf0048134_1556461.jpg
彼の友人にジョインしてイングランドvsエクアドル戦をEaling BroadwayのPUBで観戦。試合開始直前に到着するとHigh Streetから少し離れたPUBはすでに地元の人で熱気ムンムン。ここにパスポート剥奪されたフーリガンもいるのかな、とちょっと内心ドキドキです(^ ^)ゞ

一進一退の試合の均衡を破ったBeckamのFKでPUB中大盛り上がり。床が抜けるんじゃないかってくらい飛び跳ねるわ、ビールのグラスが倒れるわ、 狂喜乱舞とはまさにこのこと。みんなサッカーが本当に好きなんですね。

試合後は外のテラスでさらに祝杯をあおって騒ぎ続ける人達。目の前を行き交う車の中にはクラクションで応援する人もいてしばらく興奮は収まらない様子でした。これが優勝でもしたらどうなるんでしょうね?? でも怖いもの見たさで見てみたいかも(笑) 頑張れイングランド!!
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-06-25 15:48 | Daily Life

ordinaly weekend

f0048134_15413818.jpg昨日までの疲れが出てなかなか起きられず近所のイタリアンでブランチ。オープンテラスには夏を楽しむ人達でいっぱい。店内よりテラスのほうが人が多いくらい。
f0048134_15424077.jpgLeicester Squareへ場所を変えてPUBでドイツ-スウェーデン戦を観戦。意外なほど空いてました。ドイツが得点したときには落胆に近い声だったのに、スウェーデンのFKの時には歓喜するのだから、やはりこの国の人達はあまりドイツが好きではないみたい。金曜日にはまだ対戦していないドイツとイングランドのサポーターが騒ぎを起こしたのも納得です。

試合後は映画"Da Vinci Code"。大収容のシアターに観客は30人程でゆったり鑑賞。ただよく分からないタイミングで大笑いするのでその感覚が分かりません。 そんな彼らの手にはLLサイズのCokeとこれまたLLサイズのポップコーン・・・。まさにSuper Meの世界(恐) だから太るのね~この国は。
f0048134_15435981.jpg
19時頃のLecester Square。夏至は過ぎてもまだまだ日は長いのです。こんな季節がずっと続けばいいのにと切に願うこのごろです。
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-06-24 15:28 | Daily Life

Exhibition & Demonstration

f0048134_17585173.jpg今日はいよいよ最終日。お家元と教授によるデモンストレーションと作品の展示会がありました。
疲れも限界にきていますが最後の気を振り絞って今日も働きます(笑)
会場前の展示会場。これだけ作品が揃うと圧巻。地元の人がふらりとやってきて「花のいい香りがしていたからついつい足が向いちゃったわ」と言うのも納得です。

f0048134_17513162.jpg昨日のバンケットで席をご一緒させていただいた先生の作品。とても上品で内面からやさしさがにじみ出る素敵な方でした。それでいてどこか凛とした雰囲気をお持ちだったのですが、作品を拝見させていただいて納得。シンプルながらも日本らしい美しさの作品でした。まさに一期一会。数十年後、自分もこうありたいと思えた方に出会えたことはとてもありがたいことです。

昨日の活け込みを見ていて感じたのは"作品はその人を映し出す"ということ。少々派手目な服装の方は豪華な作品だし、楚々とした方は控えめながらも美しい作品を活けられていました。
私はどうなんでしょう・・・・??
お家元のデモンストレーションでは、説明をしながらも鮮やかな手さばきで出来上がる作品達に圧倒されました。分かりやすい巧みな会話に惹きこまれて、あっという間に時間がたってしまいました。日本では直接活けこまれるところを目にすることは先生方でもなかなかないそうなので、初心者の私がその場にいられることは本当に貴重。お華を続けていくにつれて今回の重みをかみ締めていくことになるのでしょうね。

なにはともあれみなさんお疲れ様でした。
そして貴重な経験をありがとうございました。

紫陽花は・・・
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-06-23 17:44 | Flower

Experience

今週はずーっと力仕事なのでさすがに肩・腰にキテます(涙) 
この歳でもぶっちぎりで若手群に入るので進んで働くのが必要なんですよね。人手が足りない上に、男性はほとんどいないので、どんなに重たいものでも運ぶべし。一袋30kgの石しかり、バケツいっぱいの花だったり、「腰にくるから持ち上げるときは気をつけてね!!」と花屋勤務経験ありの友達からアドバイスをもらったけれど、帰る頃には背筋に針がさすような痛みがあったり、口も聞く気力もなくなるほど。
仕事から帰宅した彼に「痛いよ~」と泣きついてマッサージしてもらう人使いの荒い嫁(笑)

それでも毎日とても貴重な経験をさせていただいています。
間近でお家元や教授の生け込みを見られたり、日本からいらっしゃった多くの先生方の作品を一度に目にできたり、本当に勉強になります。それ以外にもお家元と直接会話させていただくこともあり、日本にいたら体験できないことばかり。
今まで"継続は力なり"という言葉をこれほど強く実感したことはなかったと思います。いけばなを始めて4ヶ月弱のひよっこ。数十年お華に接していらっしゃる方々との差は歴然。できあがった作品はどれも目を奪われるものばかり。
もっともっと頑張って続けていこうね!!と(いちおう)若手組で固く誓ったのでした。
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-06-22 17:29 | Flower

Flower Market

今週はずっといけばなのイベントです。昨日はワークショップで教授から指導していただいたり、他の方の作品を間近で目にしていろいろと勉強させていただいています。そして今日は活けこみ用の花材を買いに初めてNew Covent Gardenへ行ってきました。といっても朝3時半起き(涙)眠たい目を擦りながらマーケットに入ると彩り鮮やかな花達に眠気もどこへやら。
f0048134_17233877.jpg

f0048134_17242633.jpg旬のカラー、紫陽花、バラ・・・初めて目にする花もあったりで、なかなか決められずに30分くらいぐるぐる歩き回った結果、淡い色のグラデーションに惹かれてこの紫陽花に決めました。花びらがくるんと丸まっている珍しい種類で清楚なんだけどとってもかわいらしい感じです。ブルーの花器を使うので夏らしい作品に仕上げる予定。

マーケットには枝もの屋さん、葉もの屋さん、鉢植え屋さんなど、普段来ても楽しめそうなものがたくさんありました。おまけにロンドンでは一箇所でたくさんの花器を扱っているお店がなかなかないので、ここの充実っぷりにはちょっと感動。また別の機会に足を運んでみようっと。
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-06-21 17:00 | Flower

World Cup 2006 in Germany - Part2

f0048134_628556.jpg3日目はのんびり自転車でベルリンの市内観光。イギリスは自転車も"車道"を走らなくてはいけないのでかなり怖いのですが、ドイツは自転車専用レーンがあるので安心して走れました。地下鉄を使うより効率的に回れるのでお天気がよければお勧め♪

この日は快晴。暑いくらいの日差しの中、連邦政府議会前からベルリンの壁へ向かうところ。

Zoo駅近くで突如現れたオブジェ
f0048134_6323747.jpg
各国をイメージした100体以上の熊が円陣を組んでました。
とりあえずイギリス。(とおまけでアメリカ)
f0048134_6343312.jpg


ドイツで見かけたものたち
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-06-19 06:03 | *Central Euro*

World Cup 2006 in Germany

土曜日から2泊3日でドイツへ行ってきました。もちろん目的は連日熱戦を繰り広げるWorld Cup!! ドイツ系会社に勤めていたのにこれがドイツ初上陸。Luton空港もイギリスにしては厳戒態勢。荷物検査のあと男性は全員1人1人パスポートとブラックリストと照らしあわされていてフーリガン対策に躍起。

それはさておきBerlinに到着するともうそこはWorld Cup一色。街中の至る広告がWC関係だし、歩いている人も国のユニフォームを着たり、Pubも広場でもサッカー中継しっぱなし。そんな雰囲気にテンションが上がってきた頃、Zoo駅で見つけたこの旅一番のお気に入りコスプレ(?) ドイツ人の女の子達も「Photo!! Photo!!」と黄色い歓声(笑) ちゃんとしゃがんでくれるあたりがサービス精神満点。いやーすごいです。
f0048134_52499.jpg
BerlinのSony CentreにあるTV中継の特設会場。イギリスでは考えられない"3drink = €12" でガーナvsチェコスロバキアを観戦。近くのガーナ人のダンス&リアクションがキュートで、その彼らをパチリ☆
f0048134_51358.jpg
2日目は試合のあるLeipzigへ。フランス-韓国戦なので街には青と赤が溢れていました。前回のフレンチオープンの件もあるので今回は韓国を応援です(笑) それにしても韓国人のパワーってすごい!! 応援にしても、チームにしても、チームカラーそのもののような熱さがありました。終了近くに土壇場で韓国がフランスに追いついたとき、歓喜する韓国人と落胆するフランス人の落差が激しくてちょっとスッキリ(笑) (でも今回会ったフランス人はみなさん親切でした♪) 今回とても感心したのが、白人で韓国の旗を持ったりユニフォームを着た人を多く目にしたこと。日本もそんな風に応援してもらえるチームになると素敵ですよね。
f0048134_4595411.jpg
隣に座っていた韓国サポーター。決勝リーグ目指して頑張れ韓国!!もちろん日本も!!
f0048134_5284739.jpg


ルージュの伝言
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-06-18 04:37 | *Central Euro*

a secret of Italian guys

ちょい悪オヤジという言葉がLEONから発信されて巷に溢れ始めてから、世の中の30代後半~40代の方々は"いけてるオヤジ"や"もてるオヤジ"になるべくイタリアの伊達男を目指して日々励む方も増えたはず。
確かにクラスメイトのイタリアンの男の子達はみんなやさしくって目の保養にも最適♪もちろんとっても"女好き"だけど女性への気配りがナチュラルにできるから素敵。彼らもゆくゆくは伊達男なんですよね。



でもね今日の授業でのこと。



日本のオジサマ予備軍が目指すイタリア伊達男について衝撃の事実を知らされました。





     スーツを着る時は必ずひざ下ハイソックスをはく



ブランドスーツの下は実はひざ丈ハイソックスなんですか??
D&GでもALMANIでもその下はハイソックス。

なんでも座ったときにパンツの裾から肌が見えるのが嫌なので、スーツの時イタリア男はみんなハイソックスなんだとか。日本標準長さのふくらはぎ途中(←何と言うの??)はナンセンスだそうな。

その事実にイタリア人を除くクラス中が驚いてその後は爆笑。イケメンもよぼよぼのおじいちゃんだってスーツのときはハイソックス。いやー想像したくない(涙)

ってことはジローラモさんも白いスーツの下はハイソックス??・・・・なのかしらん。

私の知り合いに
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-06-15 02:44 | Daily Life