1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー

<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Don't forget me

f0048134_3164164.jpgお華の先生のお宅の庭先にたくさんの"勿忘草(わすれなぐさ)"が咲いていたのでおすそ分けしていただきました。英語名は" Don't forget me "。小さな淡い青紫色の花が楚々として咲いている様を見ると、そんな名前が付けられたのも納得できますよね。早速家に戻ってからミルクポットに飾ってみました。

日本から遠く離れたロンドンに生活していると、無性に日本が懐かしくなることがよくあります。どれも些細なことなんだけれど、学生の頃に構内のベンチから眺めた風景とか、休日の閑散とした丸の内通りとか、客先にいた頃よく通った和食屋さんの焼き魚定食とか、ぐだぐだになるまで飲んだこととか。それと同時に、家族や仲が良かった友達・同僚は今頃何をしているんだろうかと想像をめぐらしたりもします。昔に比べコミュニケーションツールが格段に進歩したお陰でコンタクトを取り続けることは容易になったのは確かです。でもどこかで "忘れられてはいないだろうか"という漠然とした不安があるのも事実だったりもします。

そして今日の休み時間にクラスメイトのOscarが日本語を教えて欲しいと話しかけてきました。何を伝えたいのか尋ねると

" I like you ."

相手は知り合って数日の日本人の女の子ときた・・・さすが情熱の国スペイン。のっけから難題を持ってきましたね少年よ。いちおう" ワタシハ アナタガ スキデス "と翻訳して、愛の告白( I love you)でもこの言葉を使うことがあるから気をつけてねとアドバイスしておきました。

詳しくは聞きませんでしたが彼女にも多少の英語は通じるはず。それなのに日本語で話しかけようとする彼の行為はとても微笑ましく思えたのと同時に、コミュニケーションに大切なのは "相手に伝えようとする気持ち" ということをあらためて気づかせてくれました。距離という壁を乗り越える努力と、言葉という壁を乗り越えようとする努力。どちらも継続するのは難しいことではあるけれど、努力する気持ちや姿勢が相手に自然と伝わって"忘れられない"人間になるのかもしれないですね。
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-04-28 02:45 | Daily Life

the leavings

学校も終わって夕食の買出しから戻ってくると彼から一本の電話が。そこで急遽、家族ぐるみで仲良くしている夫妻と一緒にPicadillyで夕食を食べることになりました。
向かった先はSOHOの中華。ワゴンでがらがらと持ってこられた飲茶/点心の中からいくつかピックアップして食べ始める私たち。その中にあった鳥の足(爪先のほう)の点心。ふむふむと思って食べたものの、食べ始めてから「これ足よね・・・あの鶏の足だよね」と一斉に白い羽を舞い散らせながら頭の中を駆け巡り始める大量の鶏。あまりの生々しさに箸が止まってしまいました。さあそんなときあなたならどうしますか?


①申し訳ないけれど残す
②死ぬ気で食べる
③隣にいるパートナーに託す


私は迷わず「もう無理~」と③をチョイス。何気なくやったこの行動を友人夫妻が見逃すはずもなく、すかさず言われた言葉が「うちもあれよくやられるよね」と。男性陣は「俺たち残飯処理ばっかやらされるから太るんだよ~」と意気投合。やっぱりどこも一緒なんでしょうか。みなさんのお宅はどうですか?
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-04-27 03:20 | Daily Life

School of English

先日の日経新聞で「英語で授業をするとき最も難しいのはインド人を黙らせることと、日本人に英語で話させること」と記述されていたとか。

早いものでロンドンに来てから4ヶ月が経つものの、なかなか英語が向上しないので英語学校へ通うことにしました。最初はアダルトスクールかカレッジの英語講座を探していたのですが、お値段&場所ともにいいところが無かったので結局駅前の学校に決定。そして今日から学校がスタートです。

EntryTestの結果、何を間違えたかUpper Intermediateのクラスに放り込まれたワタシ。クラスメイトは全部で10人、でもたいてい数人が欠席するので今日は全部で7人。幸いなことに国籍はさまざまで、ブラジル、スペイン、トルコ、ポーランド、韓国などなど。「母国語がみんな違うこのクラスでは英語以外じゃ話せないから、勉強するにはいい環境だ!!」と先生は嬉しそう。(ちなみに先生もNZ人)

が、こうして始まった初日の授業はボロボロ・・・_| ̄|○ 先生やクラスメイトの話している事は理解できてもいざSpeakingとなると言葉が出てこない(涙) どこへ行った私の口!! それに引きかえ周囲は強いアクセントながらもボキャブラリーが豊富で躊躇なくすらすら話しているし。習う必要ないじゃん!!と思っちゃうくらいです。ただ黙っていても仕方がないので、簡単なことでも少しずつ口に出すように心がけるように。

もっと集中して取り組んでいく必要性を実感した今日。奇遇にも今日の議論テーマ"words of wisdom"にあった孔子の言葉を胸に頑張っていこうと思います。

The journey of a thousand miles starts with but a single step
(千里の道も一歩から)

あーながい。
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-04-24 02:46 | English

fresh & delicious food

f0048134_13213.jpg
昨日ポートベローのスツールで買ったトマト。鮮やかな色とぷりっぷりの形に惹かれてパチリ。
イギリスのスーパーに並んでいる野菜は冷凍室で保存されたものが多いといわれているだけに、こちらでは"新鮮な"野菜にはめったにお目にかかれません。いつもは駅前のWaitroseを利用しているのですが、比較的質が良いといわれているここでも買ってきた玉ネギを切ってみたら腐っていたなんてことが往々にしてあるので"いかに安全な材料を手に入れるか"は常に頭が痛い問題。ポートベローではアンティークや古着のお店に混じってVesi&Fruitsのスツールが軒を連ね、店先には新鮮で美味しそうな野菜や果物が並んでいました。そしてホウレン草の束を見つけて迷わず購入。こちらでは葉だけを摘んだものを袋詰めにしたものが一般的で、なかなか茎付きのホウレン草は手に入らないのです。これで"歯ごたえあるホウレン草のおひたし"ができる♪と大喜びしてしまいました。あとはトマト、ブドウ、タマネギ、りんご(しかもフジ!!)もご購入。アンティークはそっちのけで生活感まるだし(^。 ^)ゞ
今日さっそくトマトとブドウを食べたのですが、やっぱり新鮮だと見た目味はもちろん香りも違うし、味も文句なし。朝から2人ちっちゃな幸せを感じながらのんび~り食事を愉しみました。また行ってみようっと♪
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-04-23 01:02 | Food

Sunny Day

珍しく雲ひとつない快晴に恵まれたた今日はNotting Hills GateにあるPortberrow Marketへ行ってきました。駅からマーケットに向かって人並みができていて、狭い通りは人・人・人!!途中で見つけたケトル専門のアンティークショップ。こんな巨大なかわいらしいケトルが店の上に下げられていました。アンティークの識別眼は持ってない私たちですが、ぷらぷらと店先を眺めるだけでも十分楽しめました。それに昔の羅針盤や電話、望遠鏡など夫婦揃って同じものに興味を示しちゃうんですね・・・ラグビー好きの私としてはWembleyと書かれたふるいラグビーボールにも心惹かれました。帰国するときには弟に買っていってあげようかなぁ・・・ f0048134_045973.jpgf0048134_045327.jpg
さらにKensington Gardensへ足を伸ばしてみると、晴天も手伝ってものすごい人で賑わってました。クリケットやサッカーをしている家族、ひたすら昼寝をするカップル、木に登るおてんばな娘など、思い思いの方法で過ごす本当にここはロンドンっ子のオアシスなんだなと実感させる光景。ロンドンのいいところはこうしたParkが至る所にあるところですね。これからの季節ますますお世話になりそうです。
f0048134_0455830.jpg
そして夜は先日大学の同窓会で知り会った方のお宅でお笑い上映会ホームパーティー。父の年齢に近いホストが作るパエリアは見事なお手前!! 素敵なフラットに反してイベリコ豚の生ハムやら手作りのガトーショコラなど豪華な食事をみんなでがっつきつつ、日本から送られてきたお笑い番組を4本観賞。ワインもどんどん開けられてみんなの血中アルコール度数はかなり高かったはず。
f0048134_0465642.jpg
4ヶ月ぶりに日本の番組を観たので画面から日本語が流れてくるのに最初はなんだ違和感を覚えていたのですが、次第に「あ。まだこの芸人残っていたんだ」とか「今のはちょっとねぇ~」とか口にし始めちゃいました。本人達はまさか遠く離れたロンドンでそんな酷評されているとは思わないでしょう(笑) 宴は続いておひらきになったのは2時過ぎ。本当にお邪魔しました&ごちそうさまでした♪

おまけ。
f0048134_0471841.jpg
マーケットで人だかりの中にいたのは妙に人間臭いブルドッグ。"人間が入っているんじゃないか"と思えるほど落ち着かれてました。うーんズルイっ!!
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-04-22 00:18 | Daily Life

What's happened ??

f0048134_21355879.jpg今夜の我が家の食卓。
 パプリカのピッツァイオーラ
 クリームチーズとバジルのサーモンロール
 ズッキーニとニンジンのサラダ

ポルトガル旅行での大食いを反省して野菜たっぷりのヘルシーメニューにしてみました。どれも簡単なのに盛り付けが悪くても見栄えするので一石二鳥。特にピッツァイオーラはパプリカの甘みが広がって我ながら美味しくいただけました♪ 作り方もオーブンで焼いたパプリカにモッツァレラと作ったトマトソース、ハーブをのせて焼くだけとお手軽。トマトソースもホールトマトにオリーブオイルと塩を加えて煮詰めただけなので結構おススメですよ。

「何があったの??」

帰ってきた彼は驚いてましたが何もありません。単に私が食べたかっただけです。いつもそんなに手を抜いてますかねぇ。。。
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-04-20 21:35 | Food

What is he doing ???

昼下がり。空気を入れ替えようと思ってリビングの窓に近づいたら見慣れない光景が飛び込んできました。それがコチラ。
f0048134_5374240.jpg
よーくよーく目を凝らしてみると、教会の屋根になんと人影が。
f0048134_5403100.jpg
手前のフラットが5階建なのを考えるとかなり危ないんですけれど・・・・一体何をやっていたのでしょうか??

上層階のフラットのリフォーム中に人力滑車を見かけたりもするロンドン。春の日差しの中、ハラハラさせられながらもどこかのほほ~んとした一コマでした。
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-04-19 05:36 | Daily Life

Portugal

Easter Holidayを利用してポルトガル旅行へ行ってきました。

f0048134_21153641.jpg初日はポルトガル南部のリゾート地・FAROへ。あいにくの雨だったのですがこじんまりとした街並みは。夜はアルガルヴェ地方の郷土料理Cataplanaを堪能。これはフタ付の銅鍋を使って魚介類やタマネギ、トマト、ジャガイモを蒸し煮したものでブイヤベースに近いもの。ライスに掛けて食べたのですが魚介類の旨みが浸みたスープで冷えた体が温まりました♪2人分といっても日本だと4人分くらいの量が出てきて、たとえダイエット中であってもロンドンの物価高&味の悪さに日々嘆いている私たちにとっては感激の逸品でした。

翌日からは首都Lisbonへ。「7つの丘の都」と称されるほど起伏に富んだ街中には、石畳の上をゴトゴト音を鳴らしながら走る市電やケーブルカーが行きかっていて、どこか懐かしい感じが漂っていました。
f0048134_21215923.jpg
市電を乗り継いでBelemへ行き有名な発見のモニュメントを見学。エンリケ航海王子の巨大さに驚きつつも、昔習った世界史の記憶をたどるのも楽しいもの。
f0048134_21253440.jpg
ジェロニモス修道院を観た後はパステル・デ・ナタを食べるべく老舗Pasteis de Belemへ。老若男女問わずお客さんで店がごった返している中、手に入れたのはコチラ。さくさくのパイ生地と濃厚なカスタードクリームは絶品。冷めても美味しかった~♪
f0048134_21204882.jpg

3日目は文化的景観が世界遺産にも登録されているSintraへ。さらにそこからユーラシア大陸最西端でもあるロカ岬にも足を伸ばしてきました。人気のツーリングコースなんでしょうか。到着するとそこはライダー達でいっぱい。でもみんな岬まで歩くわけでもなく駐車場で立ち話をしているから不思議な感じです(笑)
f0048134_21353468.jpg
そしていざ岬に行くと目の前に広がる大西洋と断崖に圧巻されてしまいました。この景観を前にすると「ここに地果て、海始まる」と詠んだ古人の言葉はとても頷けますね。
f0048134_21355263.jpg
f0048134_2119303.jpg海風を感じた後はSintoraへ戻り史跡めぐり。万緑の木々に囲まれて点在する史跡や豪邸は昔読んだおとぎ話の国のようでした。レガレイラ宮殿の庭園は綺麗に手入れされているだけでなく、土地の起伏を活かして小道が複雑に入り組んでいたり、凝った建物が点在したりと見ごたえたっぷり。とこれが王族の別邸というのだから驚きです。ムーアの城跡からはSintoraの街並みだけでなくはるか大西洋まで一望できる絶景がスリルとともに楽しめました。

f0048134_21271887.jpgそして夜はファドを聞きながらの食事。ファドは憂愁を歌い上げる民謡歌謡で、男性は黒いスーツ姿で片手をポケットに入れて歌うのですがそれがあのヒロシを彷彿させて彼とちょっと苦笑い。ただいざ歌が始まるとその歌声と会場の雰囲気にすっかり心を奪われてしまいました。最後にフロアマネジャー(か支配人)が歌いだしたのにも驚きましたがその歌声も見事なものでした。帰り際に握手したその手は人柄を表したような温かくて大きな手でした。

f0048134_21283512.jpgEU加盟当初ポルトガルはEU後進国として経済支援を受けていたそうですが、街中(特に交通関係)はロンドンより格段に整備されていてとても旅行しやすい国だと思います。魚介を使った料理も多く美味しい食事が楽しめるのも大きいかもしれません。ただそれより何より今回の旅行で感じたのはいい意味で"日本人慣れ"していないということ。出会った人達はみんな親切だったし、素朴な温かさが感じられて旅の疲れもなくやさしい気持ちで過ごせた気がします。日本からの直行便がないのが残念ですが、機会があればぜひとも訪れてみてください♪
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-04-17 20:26 | *South Euro*

Il est délicieux

パリのお土産を英語の先生に渡したところ

「What's a kind of you!!」

といたく感動されました。こういったちょこちょこっとした形で感謝の気持ちを表すのは好きなので、素直な表現はとてもうれしいですね♪ 日本だと「つまらないものですが・・・」と差し出す時がありますが、こちらだとそうした表現は相手に失礼にあたるので「(あなたが)好きだと思って」と一言添えて手渡したのはコチラ。
f0048134_19335314.jpg
LadureeのChocolate Assort。ここはマカロンが有名ですが買ったものはサイズもお値段(€7)もプレゼントにもぴったり。「あなたも一緒に食べましょう」と言われて口にしたチョコレートは上品な甘さが感じられて自分用に買ってこなかったことを後悔しました。ロンドンだとHarrodsにブランチがあるので近いうち行ってみないと♪
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-04-13 19:16 | Food

The PHANTOM of the OPERA

f0048134_20125834.jpgパリマラソンの後、ロンドンへ足を伸ばした両親を連れて念願のThe PHANTOM of the OPERAへ。ロンドンでは今年20年目を迎える超ロングランです。いい席でチケットを抑えるため2ヶ月前に予約。とても心待ちにしていた作品です。

両親と彼4人でPicadilly近くのタパスで食事をした後にHer Majesty's Theatreへ。以前映画化されたときに彼と一緒に観に行っていたので、あれをどんな演出でミュージカルにしているのか始まる前から興味がつきませんでしたが、中に入るとさすが人気作品だけあって会場は満員。舞台が始まると魅惑のステージにすっかり陶酔してしまいました。歌はもちろん、衣裳や舞台装置などどれも目を見張るものばかり。

f0048134_20131968.jpg圧巻は大階段を使ってのMasquerade。豪華な衣裳に身を包んだ出演者達が総出で歌い上げるのには鳥肌が立ちました。この曲は演目の中でも一番好きな曲。高らかに歌い上げるのも好きですが悲しげな旋律も好きでファントムが歌うシーンでは思わず目頭が熱くなってしまいました。映画でも同じシーンで泣いたけれど舞台を見て泣いたのはこれが初めて。

久しぶりの親孝行をと思い準備したこの一席。英語が弱い母もとても感動していて、満足してくれたようで我ながらいい親孝行になったみたいです。
岐路についてもしばらくその興奮は冷めやらず、大満足した彼とまた冬に観に行くことにしました。さて次はなにを観に行こうかな・・・。
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-04-12 19:44 | Daily Life