1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Food( 45 )

Raw Food Life with SHIGETA

f0048134_18492272.jpg 実は帰国してから2~3kgほど落ちました。
久しぶりに会う友人からは「激務によるやつれか」と疑惑を持たれたけど、真相は7月から始めたLow Food生活。と言っても仕事の関係上外食ばかりで既婚の身なので完全LowFoodではなくできる範囲でのハナシ。飲むときは飲むし、食べるときは食べます。

 ロンドン時代から気になっていたSHIGETAでチャレンジ。東京だと伊勢丹で手に入ります。


基本はセルフマッサージと食事。
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-11-11 23:50 | Food

Anniversary Lunch @Ogasawara

 7月30日が結婚記念日だけど、オープン以来どうしても行きたかったお店でお祝いランチ。食に溺れたバルセロナ旅行以来、スペイン料理にぞっこんな我が家が向かったのは去年のミシュランでも1つ星をとっている小笠原伯爵邸。とことこ自宅から歩いてたどり着いた先は、厭味な格を感じさせないどこか懐かしい落ち着いた雰囲気。
f0048134_20321347.jpg


 スペイン料理らしい食材に富んだコースの中で一押しはやっぱりイベリコでした。もともと魚介好きで肉なら豚か鶏な私。そんな私史上最高に美味だと思った豚料理:イベリコ豚のアサード.
弾力感ある肉質と噛むほどに溢れる肉汁はもはや豚の域を超えてました。Jean Luc Figuerasのほうが勝っていたけど、あれだけを食べにまた行きたいくらいです。(今は牛肉がメインみたいですけど)

 そのあとはホテルオークラで開かれていた秘蔵の名品アートコレクション展へ。
モネなどの洋画と一緒に東海道五十三次や富嶽三十六景など日本画をのんびり鑑賞。かの有名な北斎の凱風快晴もあり、洋画とは違う芸術性を持つ日本画の良さを愉しんだひと時。
 
 それでも最後はやっぱり花より団子で「あーイベリコ食べたい」と呟く私なのでした。
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-11-11 20:10 | Food
 半ば放置してました・・・。すいません。BackDateで記事をアップしていきます。
時間の針をGWまで戻してみて、と。

  GWはどこへ行くわけでもなく、いつもの週末がちょっと長くなった感じで買い物に行ったり、ゴルフ練習に行って筋肉痛になったり、ひたすらのんびりしてました。まあそれが一番の贅沢なのかもしれないですね。

 で。そんなGWの間に31歳になりました。去年は去年で30代という新たなステージに乗ったこともありいろんな意味で感慨深かったけれど、今年の感想と言えば20代にはもう戻れないな~でした(苦笑) 
「30、31だとまだ気分的に”30だけど20代からちょっとでちゃった”位の言い訳ができるけれど、33とかになると言い訳はできなくなるよ」とどこかで聞いた言葉を痛切した限りです。まあ本音を言うと歳を数えなくなるんですけれどね。

今日のランチは。
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-05-06 18:49 | Food

Just Noted

 友達に「甥っ子の写真から全然変わってないじゃんか」とお叱りを受けたので(苦笑)

 最近食べた美味しいものを。

■Ristorante Specchio

 相方の31歳の誕生日のお祝いに。よく使うバスから見ていて気になるお店だったので選んでみました。最寄が四谷三丁目ということもあってか、繁華街からは離れているのでのんびり食事を愉しむにはピッタリ。
 イタリアンレストランだけに手打ちパスタが目玉だけれど個人的に一番気に入ったのは"鳩のポアレ"。鳩ってなんとなく肉が堅いイメージがあったのですが、今回は「こんなに柔らかいの??」と驚くぐらい。かなり鮮度の良いモノだったようです。

 鳩といえば前職の同期(中国人)が「日本に来た頃は丸々太った鳩が街中にたくさんいて"美味しそ~"って思ってた」という爆弾発言に若かりし頃の私は慄いていたけれど、気付けば食べるようになっているんだから不思議なものですね。

Address: 東京都新宿区大京町22-1
Tel:      03-5369-2271

珍しく・・・・
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-04-26 22:53 | Food

Bucatini

 FAELLA社のブカティーニ(Bucatini)。ローマでよく食べられているアマトリチャーナと相性抜群のパスタで、中心に小さな穴が開いているのが特徴です。
f0048134_2044203.jpg

 ちなみに食べる時には白い服厳禁。ソースがぴちゃぴちゃ飛びやすいけれど、食感がなんともいえず病み付きになります。
 ローマを訪れて以来ロンドン・東京とずっと探していただけにかなり嬉しい。伊勢丹で開催中のイタリア展で見つけた瞬間、2袋をぐわしと掴んでました(笑) さらにFAELLAのパスタは伝統的な手法で作られているのでも有名なので一石二鳥。東京だとNational Azabu Supermarketで売っているようです。

 秋冬の衣類を買う予定が2kgのパスタ直輸入ワイン3本と秋の食欲買いに。

 2人で2kgとは1年間十分持ちそうな量。パンチェッタを買ってきてイタリアンパーティーでもしようかなぁ。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-10-04 20:05 | Food

Home Party

 相方がゴルフなので高校時代からの女友達3人をおもてなし。
2週間前に兄夫婦が大騒ぎの甥っ子ズ付きとやってきたので、きちんとおもてなしするのは今回が帰国後初。といってもテーマは"リラックス"だからゆるゆるな感じ。

f0048134_2141082.jpg 助手相方がいないので1人でも手軽にできるイタリアンでまとめてみたお料理。赤より白ワインに合うメニューにしてみました。(飲まなかったけど)

 ・人参のサラダ + バゲット付
 ・ホタテのピリ辛カルパッチョ
 ・豚のサルサヴェルデ
 ・茄子とトマトのパルミジャーノ(グラタン)

 写真はカルパッチョです。上にはスプラウトとレモン皮、アクセントに青唐辛子。

 ランチから始めて夕方から相方も合流。
気の置けない友達とだと時間ってあっという間に過ぎちゃいますね。家だと楽だし、くつろげるし、時間も気にせずいられるからなおさら。

 それにお客さんでも呼ばないとしっかり料理しない私にはこういう機会は必要。
相方の「いつもはこんなしっかり作んないよね~」という一言が実情を物語る(汗)

好評だった豚のレシピ。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-09-22 20:40 | Food

Sushi @ Tsukiji

 海外在住の邦人が一番食べたいものの筆頭に挙げられるのがお寿司。もちろん私もその1人でした。時折その食感が恋しくて日本食材店でお刺身を購入していたけれど、決して味に満足することはなかったから「帰国=お寿司」ぐらいの気持ちでいました(笑)
 
 とはいえ帰国3ヶ月が過ぎるも未だ満足したお寿司を食べておらず、向かったのは世界の胃袋:築地市場。
f0048134_940113.jpg 目指す大和寿司に朝8時に到着するもすでに30人近い行列。しかもその大半が外国人観光客で、噂には聞いてはいたけれどここまでとは驚きです。メインは中国人と韓国人でちらほら欧米人。円安の影響で旅行客には大人気の東京なんですね。各国の"Tokyo Glumet"なる本の存在を知って、日本の食文化の豊かさが外にも認知されていることを改めて認識しました。

 1時間待って口にしたお寿司はまさにこれが食べたかったの!!という代物。おまかせで、大トロ、中トロ、アナゴ、いか、車海老、うに、さより、巻きで¥3,750も納得のお値段。せっかく着たからにはとことん味わおうということで、赤貝、大トロ、こはだ、ヒラメを追加注文。(←食べすぎ) お一人様¥6,000という朝食になっちゃったけれど値段なんて関係ない。美味しいものは美味しい。食べる時は食べる。前夜から食事を控えて望んだ甲斐大アリでした。

 やっぱりお寿司は日本でですね。

運動の秋ってことで。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-09-15 09:35 | Food

鳥茶屋 in Kagurazaka

 親子丼が食べたくて神楽坂の鳥茶屋へ。
が・・・凡ミスで親子丼は本店ではなく別亭のみの取扱いでした(涙)

この日東京は最高気温が35℃を越す猛暑日。
炎天下の中、これ以上一歩も歩きたくなかったので諦めて本店でいただくことに。

頼んだのは"天とろ楽めん"。
うどんすきが有名なだけあってうどんのコシがすごい。
冷たい食感がまた清涼感を誘う。
本店に来てある意味正解でした。
小鉢、煮物、天ぷら、とろろ、デザートまで付いて1,500円はお得ですよ。

f0048134_22233853.jpg店の周りにはほおずきと江戸風鈴。

暑さの中に感じる"涼"の光景。

昔からお気に入りの神楽坂。
いつの間にかオシャレなお店も増えていて、若い人にも人気の注目の街になっているようです。
家からも近いしこれから週末にランチin神楽坂が増えそうな我が家です。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-08-05 20:13 | Food
 ロンドンで一緒だった友達とディナーへ。
週末は家族そろって一緒にランチだったけれど、この日は女2人なのでちょっと贅沢して銀座にあるFARO Restaurantへ。
ここはラウンジも合わせて落ち着いた気分で過ごせるから、同性と2人で銀座の時にはよく利用してます。
素材の味を活かしたシンプルなイタリアンはどれも美味。デザートがワゴンで選べるのも女性には嬉しい限り。
銀座にあるちゃんとしたレストランの3コースでこの値段は比較的お手ごろだと思うので、ちょっと特別な日にはおススメなお店です。
 
 それにしても、あっちで知り合った友人と日本で会うとなんとも不思議な感じがするのはなぜなんでしょう?

とはいえ・・・
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-07-31 20:23 | Food

Is it worth queuing?

1時間以上並んでしてまで食べる-そんな文化をすっかり忘れてました。
f0048134_15525012.jpg

ロンドンの日本人にも結構人気だったみたいだけれど、油っこいし甘すぎて私には1個でさえ無理だったKrispyKrime。
けどこれってそんなに美味しいかなあ?
ドーナツ1つに1時間半待ちって・・・(汗)

ちなみにロンドンで見かけたお客が並んでいたレストランは中華以外ではあのWAGAMAMA

やっぱりあの街の味覚はどこかおかしい。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-07-11 15:46 | Food