1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:Daily Life( 182 )

Matsuri - Local Festival

 9月に入ってから我が家の周辺ではお祭りが続いています。さすが祭り長月。
屋台で夕食でも食べますかと近所の鎮守様へ。(←手抜き) 
f0048134_10343875.jpg


 久しぶりに東京音頭を聴きました。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-09-16 10:19 | Daily Life

Das Leben der Anderen

 1989年のベルリンの壁崩壊は、当時小学生だった私が初めて世界を強く意識した出来事でした。おびただしいフラッシュの中、クラクションを鳴らしながら歓声を上げてブランデンブルグ門をくぐる自動車の列。塀の上に肩を組んで謳い、我先にとハンマーで壁を壊す群集。それはあまりにも鮮烈な印象を私に与え、同時に鉄のカーテンの向こうには豊かさと自由がない灰色の世界が広がっていたことを知った瞬間でもありました。
 冷戦を終結させた人々の結束力は今でも胸を熱くさせ、その後いくつかの書籍や当時を扱った映画を観たり、中欧・東欧を旅することで少ないながらも見識を深めてきました。BBC20世紀クロニクル(Vol3)でも冷戦時代の終結へと向かうヨーロッパの動向を当時のBBCニュースから知ることができます。

f0048134_10124662.jpg そして今日観てきたのが灰色の世界での日常をつづった善き人のためのソナタ(原題:Das Leben der Anderen)。ロンドン在住中に封切られ関心がありつつも、音声がドイツ語&サブタイトルが英語というのに加え、戦時中独特の表現を英語で完璧に理解する自信がなかったので、日本に帰国してから見てみようと思っていた作品です。2007年度アカデミー外国語映画賞にも輝いています。

 徹底的なシュタージによる監視下に置かれた1980年代の東ドイツが舞台。隣人はおろか親兄弟さえも信じられない疑心感が渦巻く時代での、劇作家と舞台女優、そして彼らの生活を監視するシュタージ局員の物語。主演の局員を演じている東ドイツ出身のミューエは自身もシュタージに監視された過去を持ち、感情をあまり表に出さないヴィースラー役を見事に演じています。ストーリーはただ静かに流れ、希望を捨てずに生きる人達の姿も胸の痛む事件。最後の1分半で泣ける映画。(←おすぎ風) 決して万人向けの作品ではありませんが、じわりと胸にこみ上げる刹那さは秋の夜長にはいいかもしれませんね。

そのまま続けて・・・
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-09-13 23:23 | Daily Life

Matsuri

f0048134_21334167.jpg

祭囃子に誘われて辿り着いた先は近所の小さな神社。わずか10件ほどの屋台が並ぶ小さな地元のお祭りも、夏休み明けで真っ黒に日焼けした子供たちで大賑わい。昔ながらの光景が広がってました。小学生の頃、小銭を握り締めて友達とお祭りに行った記憶が甦ります。人ゴミの中に好きだった男の子の姿を探したなあ…

 日本の風情を感じる前には上野でインカ・マヤ・アステカ展を鑑賞。生け贄に象徴されるその生命観はこれまで見聞した西欧やイスラム文化とは決定的に異なっていてとても衝撃的なものでした。さらに文字を持たなかったインカが、高く険しい山脈に張り巡らされたインカ道を伝いキースと呼ばれる紐の結び目であらゆる情報を王が把握し統治を行っていたなど、興味深い史実もたくさん。先人の知恵は現代人さえも凌駕するものがありますね。
 エジプトでもそうでしたが、文明が栄えた国に住む人々は、先人達に対して敬意を抱きその地に暮らすことに大きな誇りを抱いているのを強く感じます。食を始めざまざまな分野で外からの注目を集める日本に対して、西欧ばかりに憧れを抱くのではなく日本人はもっと自国に誇りを持つべきなのかもしれませんね。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-09-09 21:33 | Daily Life

Clear blue sky

 友人達に誘われて生まれて初めてフリマに参加したその帰り道。

 その日の業績を象徴しているかの如く晴れた空のように爽やかな色。
丸の内仲通りで車好き心髄の一台に思わず激写。(←隣で相方苦笑)
f0048134_23413658.jpg

いわずと知れた高級車をこの色にするなんて相当勇気(&財力)がありますね。

 そういえば昔フォルクスワーゲンを1日3台見たらその日1日ラッキーになるなんてジンクスもありました。しかも赤色のフォルクスワーゲンを見たらカウントがゼロになるって。(関西の従姉妹談)

 古くは"流れ星を見たら願いを叶えるといい"から始まり、"爪を7mm伸ばしたら願いが叶う"とか"佐川急便のふんどしに触ったらラッキー"とか。
ジンクスって一体何を根拠に生まれるものなんでしょうね。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-08-26 23:41 | Daily Life

Eyelash Curl

 まつ毛って女性にとっては結構悩みの1つだと思います。
私もその1人。まつ毛の量は少なくないものの、生え方が上向きでもなく下向きでもなく地面と平行なので、ビューラーで朝あげてマスカラで固定しても昼前には元の位置へ逆戻り。
日本に戻ってきたし、メイクもちょっと努力を見せねばいけませんなとまつ毛をなんとかすることに。

 お店を探していて驚いたのが、今日本ではまつ毛パーマよりまつ毛エクステンションが流行っている模様。だから日本人の女の子はみんなまつ毛バサバサなのか?でも一歩間違えるとあっちの仕事の人に見えるから要注意です。

 おとなしく私はまつ毛パーマということで行ったのは丸の内にあるLe Kiya
マッサージチェアに座っていざ施術開始。パスタのフジッリのようなカーラーに1本1本丁寧にまつげを巻いていく。両端が綺麗に上がらないうえに持ちが悪いビューラー型のを使ったまつげパーマとは雲泥の差の出来です。施術後の鏡を見て驚きですよ。本当にすっぴんが全然違う。
ちょっと値段は高めでもこの仕上がりなら納得。

これで寝ぼけ眼も怖くない。

ますますスッピンでご近所出動が増えそうな予感(←悪循環)

でもショックだったのは・・・
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-08-09 17:40 | Daily Life

Fireworks

 宿題に追われる小学生のようにまとめて記事をあげてますが、今回は写真のペタペタ貼りの手抜きかも。

 友達のツテで絶好の場所から真夏の風情を堪能する。
f0048134_22392857.jpg


まだまだあります。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-08-05 22:33 | Daily Life

Remarkable adv

f0048134_21373527.jpg 新宿駅地下道で遭遇したモノ。

日本の広告って凄いです。

年々激しくなっている気がするのは私だけ?

広告効果はいかにって思っていたら後日冷蔵庫にしっかり補充されてました
(←犯人:相方)

アリ、なんですなぁ。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-08-04 21:07 | Daily Life

A medical checkup

 赴任帰国者に課せられたもの-それは人間ドック
人生初のバリウムです。
想像よりは飲みやすかったけれど辛いものは辛い。
さらに厳しかったのはゲップを我慢すること。
努力はしたものの技師さんに分からないようにケフっくらい出ちゃうのは仕方がない。
とりあえずあとは結果を待つのみです。

f0048134_2134687.jpg行ったクリニックがあるのは母校のすぐ真横。

窓からの光景はどれも懐かしいものばかり。

ここ最近は建替えラッシュで少し風情がなくなったのは寂しいけれど、流れる空気はやはり昔と一緒で心地いい。

芝生に寝そべって友達としゃべったり、ランチをしたり。

この場所には数え切れないほどの思い出が詰まっている。

その帰り道のこと。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-08-03 19:48 | Daily Life

The National Election

 日本では29日に行われる参院選に向け各候補者が激しい選挙戦を繰り広げています。
選挙期間中なのでTVを通じていろんな議員の演説を聞いていると、上手い議員、下手な議員、本当にピンからキリまでいますね。今のところ唯一党首で上手いなと思えるのが綿貫さんぐらい。

 以前は政治にはさほど興味がなかったけれど、ニュースはもちろんQuestion TimeやSunday AMを好んで観ていたおかげで徐々に政治に関心を持つようになったのがイギリス駐在中。とはいえ勉強目的で英語ばかり目にしていたので日本の情勢はほとんど目にしておらず、日本に戻ってきたら年金問題はもちろん、閣僚の不祥事の多さ、その他もろもろに結構驚きました。
 
 考えてみたら首相としての安倍さんってよく知らないんですよね。就任時に"生粋のナショナリスト"と叩かれていたFTの記事と先月のG8でちらりと画面の端に1秒映った姿くらい。あとは政界の超サラブレッドぶりが分かるFamily Tree。

 そんな彼の資質について疑問を抱いたのがこの一言。

「今は私が話しているんです」
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-07-19 20:48 | Daily Life

1 months has past

帰国してからちょうど1ヶ月が経ちました。

バタバタしていたのでほんとあっという間に過ぎた1ヶ月。

まあなんとか、、、ほんと何とか生活も落ち着きゆっくりブログを再開できそうです。

で。

この1ヶ月で感じた逆カルチャーショックをつらつらと。

More
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-07-08 09:20 | Daily Life