1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Daily Life( 182 )

The Silver Spoon

ついに買ってしまいました。
f0048134_1213680.jpg


THE SILVER SPOON

 ロンドンで英語版を見つけた時からず~っと欲しかった1冊。作り方はともかく、食材名の翻訳が手間で購入をためらっていただけに日本版の存在を知って即ゲットしました。

 2000以上のレシピが掲載されているからとにかく見ていて飽きない。さすが半世紀以上に渡って本国イタリアでベストセラーなだけあります。ソースからドルチェまでフルコースを網羅してる上に、野菜、肉(獣肉、家禽肉)、魚と食材ごとにまとめられていて、エスカルゴやジビエなど、日本ではめずらしい食材もしっかり掲載されています。ページをめくるほどイタリアンの食材を活かしたシンプルさ、食文化の豊かさが実感できます。

f0048134_1222062.jpg


 大半が写真なしレシピのみだけど作り方が簡単なので、家庭でも気軽にチャレンジできるものが多いのも特徴。余計な説明を省きながらも、基本情報を押さえているので、あと一品物足りないときにだったり、いつも同じ料理になっちゃうという方な超お薦めな一冊♪ 早速ほうれん草のライスを試すと、30分ぐらいで完成!本当に簡単でした。

 我が家のイタリアンシェフにも推薦済。週末に二人で料理する予定です。

 イラストもイタリアらしい愛嬌のあるもの。のんびり眺めるのも楽しい1冊。とにもかくにも料理好きな人は必見です♪
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-06-15 12:01 | Daily Life

A splendid night@Canal Cafe

f0048134_21244263.jpg

梅雨の合間にぼっこり快晴の日の夜。
花の金曜日だし。
過ごしやすい夜だし。

外で飲むしかないでしょ。
ってことで彼とのんびり。
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-06-13 21:24 | Daily Life

Petit Volunteer

就業後、社内でやっているボランティアに参加してきました。
Hunger Free Worldという国際協力NGOの活動のお手伝いです。
f0048134_18462930.jpg

今回の内容は全国から集められた未使用切手を同サイズ&金額毎に整理して台紙に貼っていくという作業。自分が生まれる以前の切手も多く、図柄の変遷に時代の移り変りが感じられたり、完成した台紙のカラフルさなど意外な愉しみもあって面白い経験でした。

 こうして整理された切手は、全国から集められた書き損じハガキの買取手数料や海外送金手数料として郵便局へ支払いに使われるのだそう。世界各地で大災害が多発している昨今ではボランティアや義援金に注目が集まっていますが、こうした継続した地道な援助というのも同じくらい大切なんだと認識させられました。

ここで日本史の問題です。
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-05-19 18:46 | Daily Life

Priceless or not?

f0048134_224215.jpg

最近はほぼ定時帰り。嵐の前の静けさだけに平日にやりたい事は今の内にやっておかないと!と、相方が飲み会だし久しぶりに花を活けてみました。
 イングリッシュローズや芍薬で万緑の季節をイメージしながら会社帰りに花を選んでご満悦♪
と、いいのはここまで。
なんとお会計で驚きのお値段\5,500也。グリーンも含んで10本そこそこでこの値段とは
高すぎっっ!

 デザインを考えつつ花に触れてると余計な事や時計を気にしないしなんとも贅沢な時間。ふ~ココロの充電完了。
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-04-30 22:04 | Daily Life

On my way to the station

f0048134_13213140.jpg

駅までの裏道で毎朝目を愉しませてくれるのが垣根や塀から顔を覗かせる草木達。
かわいいなぁ~と目を止めたこの花には家主の心配りでその名が書き留められていました。

木香バラ

どんな香りがするんだろう?
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-04-23 13:21 | Daily Life

Cherry Blossom

 相方が仕事関係で不在なのでめずらしくのんびりな休日。

春の味覚の代表格:筍。最近ゆっくりお料理できなかったので、筍をことこと茹でる匂いを嗅ぎながら新聞を読んだりするのはなんとも贅沢。水煮が簡単に手に入るけれど、旬だからこそしっかり手を掛けて作ってあげたいなぁ・・・と。
f0048134_2094912.jpg


 下ごしらえが済ませた後は一人でガレ展へ。優しく柔らかな明るさをくれるランプが欲しいなぁと思っている私にとってガレといえばランプ!!ってイメージだったけれど、出展作品は花器や器が大半でかなり意外でした。当時ヨーロッパで人気だったジャポニズムの片鱗から伺うに、日本の美の根底は創られた人工的な美しさではなくありのままの"自然"なのだと思います。花見のように季節を愛でる行事が多いのもそんな日本人の自然観の表れ。久しぶりに芸術に触れられてよかったなぁ・・・

 とはいえ。花より団子ということで旬をいただきます!!
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-04-06 19:57 | Daily Life

Spring is coming @the corner

f0048134_19141970.jpg

三寒四温。季節の移り変わりらしい気候の最近。週末にかけて暖かさが続き、近所の桜が見事につぼみから満開に。

 今日、東京もようやく桜の開花を迎えました。Canal Cafeから眺める外濠の桜はまだつぼみだったので、満開になるまであと最低1週間はかかりそう。。。

春本番は目前!2シーズンぶりの花粉に想像以上に体がアレルギー反応を起こしていて、ウキウキの心とは裏腹に有様は醜いけれどやっぱり春は待ち遠しいなあ♪
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-03-22 19:14 | Daily Life

Sealed

f0048134_2029317.jpg

シールをぺたぺた口に貼る甥っこ2号@入院中。
子供ならではの発想に目尻が下がりマス♪
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-02-26 20:29 | Daily Life

DINKS

 お久しぶりです。
最近こんな書き出しが多い気がするけれどここのところ仕事に忙殺されてました。風邪気味でも休むわけにもいかず気力で乗り切った・・・。残業用のコンビニ食も飽きて食欲すらわかなくなっていて、久しぶりにランチした会社の娘には「やつれましたね」と言われる始末。

 そんな多忙な時期もありながらDINKS生活を送る我が家。
世間的には子供もいない夫婦2人だけの経済的に恵まれている生活といわれるけれど、それは互いの協力がないと成り立たないものなんだとつくづく感じる日々でした。普段は彼のほうが帰りが帰りが遅いけれど、時期によっては私のほうが遅くなることも多く、中国製冷凍餃子で大混乱のこのご時勢ながら「冷凍庫にさ・・・」といわざるを得ない状況。
 
 出社前の朝はもちろん準備でお互いバタバタ。
我が家の彼はありがたいほど協力的だと思う。彼も忙しいのに常に私の体を気に掛けてくれていて、それが仕事で疲れた心にほっと優しさを運んでくれる。だからどんなに疲れていても家が帰りたい場所だと思う。

 期末に向けてまた忙しくなるけれど、お互い労わり助け合いながら、元気に過ごしたいと願うばかりです。
[PR]
by mokomoko-chan | 2008-02-24 18:45 | Daily Life

Tokyo Marathon

東京がマラソンコースになる日。
日本を離れていた間に始まったTokyo City Marathonは今回が二回目。家族総出で父を応援してきました。

 コースが近所を通るので、近くに住む彼の両親、兄家族、我が家は散歩がてらに、そこに弟とその彼女、母まで合流して沿道から観戦。

 これまで見てきたパリやローマの市民マラソンと比べて、やはりいろんな面で日本色が出てましたね。まず沿道の歓声が大人しく静かだということ。お祭騒ぎ的な感じはあまりなく、某新聞社の小旗を振ってなんともお上品。警備員と張り巡らされたロープの成果もあるんでしょうか。「走れるの?」というくらい仮装したランナーも少なかったかな~。
f0048134_22172.jpg

 次に給水所で水やら食料やら受け取るランナー達の律儀なこと。飲んだペットボトルをわざわざ係員な手渡す人がかなりいて、つぶれたペットボトルとオレンジの皮が散乱したパリやローマの石畳とは大違い!

 あとは技術がすごい。ICチップを使ってラップやタイムを管理するのは海外でもめずらしくないけれど、ソフト大国日本だとそれがリアルタイムでネットや携帯から確認できてしまうのです。兄が「あ~今15kmだね」とかこまめにチェックしてました。
外国人ランナーが数多く参加していたのは今後国際的イベントに成長させるにはいい兆候です。
f0048134_222429.jpg

父の通過を確認したら応援団は兄家族と合流して近くのカフェでのんびり談義。義理の両親、母、兄夫婦+甥っこズ、弟+彼女、彼、私と総勢11人。こんな風に集まって休日に話しているのもなんとも不思議だけれど、家族同士が仲良く顔をあわせられるってとても幸せな巡り合わせ。結婚は本人達だけのものではなく、やはり家と家とをつなぐ橋のようなもの。

 最後に甥っ子1号の最近お得意だおという【かわいい顔】を。
小技を憶えたなぁ・・・
f0048134_2224687.jpg

[PR]
by mokomoko-chan | 2008-02-17 21:58 | Daily Life