1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

A medical checkup

 赴任帰国者に課せられたもの-それは人間ドック
人生初のバリウムです。
想像よりは飲みやすかったけれど辛いものは辛い。
さらに厳しかったのはゲップを我慢すること。
努力はしたものの技師さんに分からないようにケフっくらい出ちゃうのは仕方がない。
とりあえずあとは結果を待つのみです。

f0048134_2134687.jpg行ったクリニックがあるのは母校のすぐ真横。

窓からの光景はどれも懐かしいものばかり。

ここ最近は建替えラッシュで少し風情がなくなったのは寂しいけれど、流れる空気はやはり昔と一緒で心地いい。

芝生に寝そべって友達としゃべったり、ランチをしたり。

この場所には数え切れないほどの思い出が詰まっている。




 その帰り道のこと。
大学はその日オープンキャンパスデーだったらしく講堂前と正門からは高校生の人、人、人。
その中にいたカメラ片手にキョロキョロする4人の男子高校生。
「撮りましょうか?」と尋ねると、「本当ですか??」ときらきらーっとした顔。
高さある講堂を収めるにはコツがあって道を挟んだ場所からアングルを構えると「あの人、写真撮るのうめえ!!」という彼らのつぶやきが耳に。

実は年季が入ってるんですよ私。
だってここは6年通った思い出の場所だもの。
よもや私がOGなんて思ってないんだろうなぁ、きっと。

「ありがとうございました!!」と満面の笑顔で言われるのも気持ちいい。
こんな爽やかで素直な高校生もいて、彼らが母校を目指しているというのも嬉しく思える。
天王山の夏休み。
桜の咲く季節にこの門をくぐれるように頑張って!!と心の中でエールを送った夏の昼下がり。
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-08-03 19:48 | Daily Life