1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

A Proposal

 久しぶりに平日の夜にゆっくりしようということで彼とHydeParkCornerにあるTne LanesboroughのThe Libraryへ。ここのホテルはかのマイケル・ジャクソンが窓から赤ちゃんをファンに見せて問題になった場所です。

ピアノ生演奏が流れるクラッシックな雰囲気の中でちびちびお酒をいただきつつの会話。
と、滅多にネタ振りしない相方からこんな話に。

「"プロポーズの言葉コンテスト"ってのがあったみたいでさ・・・」



ほう。どんな?

「"今ならお買い得だよ"ってのが1位だったらしいんだよね」


なんだ"味噌汁を毎日作ってくれ"じゃないのか。
"Buy 1, Get 2"が浸透するイギリスでは通用しない恐れありだけど。



「で、2位はさー。

  "俺の手を離すな。
   俺はお前の愛を一生離さない
"


だって」

・・。

・・・・。

・・・・・・。

くっ、臭すぎやしないか??

(↑当該人のみなさまごめんなさい)

しかもリポビタンDの断崖シーンで筋肉が黒光りしているイメージ・・・
私がこんな言葉言われたら間違いなく硬直して返答できません

そんな自分は、、、というと。今夜またしても記憶違いが発覚したんですが、どうやら私は彼のプロポーズの言葉を間違って覚えていたらしい。正確に言うと、私の中で随分と簡略されていたんですよね。

「えええっ、まだ覚えてないの??」と相方絶叫。(その後、泣き笑い)

その横で雰囲気あるピアニストのおじいちゃんに「From a prinse of Arab」とグラスワインがボーイから差し出されている空間に明らかにミスマッチなロマンチックのかけらさえもない会話の夫婦。


いやね。言い訳すると。
私の脳みそとプロポーズより先にロンドン赴任の話を突然切り出した相方の会話構成が明らかな原因なんですよ。ロンドン赴任の話で頭が真っ白になったところに、プロポーズされて記憶が断片的になってしまったんですよね。
その後にお決まりのお披露目会で「なんていわれたの?」って話題で相方が説明しているのを聞いて「ああそういえば・・・」と半分記憶を取り戻したものの、その段階で言葉が圧縮されて私の記憶に格納されたって訳です。結果からすると100%私の過失ですね。

私に血液型を間違えて覚えられた前科のある彼。そこで取り乱さないあたり私を熟知しているというか、なんというか。ごめんなさい。さすがに罪悪感たっぷりで帰り道ぶつぶつつぶやきながら覚えて帰ったのでもう完璧よ(笑)



みなさんの言葉は何でしたか?
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-05-31 20:16 | Daily Life