1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Shoes - Northampton -

靴の聖地とも呼ばれる"Northampton"へ。
f0048134_19433168.jpg




帰国も直前に迫り『よく頑張りました!!』と彼へのご褒美はハイクオリティーの靴を。

実は靴が大好きの私。『また買ったの?』と友人からよく言われてたけれど、こっちに来てからはサイズがなかなか見つからなかったり、心奪われる靴は高すぎる上にはいていく場所もないので、Jimmy Choo、マノロなどなど路面店で美しい靴は眺めているだけで幸せな気持ちになってます。

さすがに男性靴のブランド名までは疎くてもJohn Lobbの名前は来る前から知ってたし、ロンドンでもデパートで男性靴を眺めては『あ、これ綺麗~』とそのフォルムと上質な皮の艶にうっとりしてるとそれがJohn Lobbってこともよくありました。

さらに知り合いに靴好きがいて彼の家に行くたびにいつも圧倒されるのが玄関に並ぶ膨大な靴の量!! その彼がよく行くと言ってたし、いろんな人が行っているので我が家もと即決。残り少ない週末。思い立ったが吉日。

ロンドンからだと車で行く人が殆どですが、我が家は車なしのペーパードライバーズ。(→おまけに相方、赴任中に免許失効) 足は電車となります。

Eauston StationからEuston Rail Wayに乗って60分弱。地下鉄以外は数回しか乗ったことがない電車に乗ってエンヤコラ。が・・・。3つ手前の駅で時間になってもホームからしばらく発車せず『まあMinor Delayだな』と焦ることなくのんびり本を読んでいたら。

『This train has been cancelled. Please change a train all passangers』

とのアナウンスが。

Eustonよおまえもか。

この時点で10時前。

そして改修されていく電車を寒風に吹かれながら見送る乗客たち。

待てども次の電車のアナウンスも時刻表示もないので、改札口に行ってサインボードで次発が20分後であることを確認してホームに戻ると、目の前にあった電車が出発してゆくではないですが。しかもNorthampton行き!! この時点で完全にキレる気も起きず"急がば回れ"ということわざを最期になって改めて痛感

結局Northampton駅に着いた時点で11時。焦る2人。

というのもJohn Lobbのファクトリーストアは土曜日は12:15までしかやっていないのです。

けれど悪夢はまだまだ終わってなかった。

そんなに小さくない街と思っていたのに、想像よりはるかに駅前は寂れていて『タクシー拾えばいいや』とタカをくくっていたら、タクシーの陰も形もない。駅前のバスに乗ってシティセンターのバスターミナルまで向かいそこからバスを使うことに。(結局この1日で見かけたブラックキャブは3台)

イギリスのバスは車内のアナウンスがないので慣れない土地や初めて乗る路線ではどこで降りたらいいかに非常に困る。調べておいた地図や住所をもとにバス通りを把握し、最寄の停留所を聞くと、なんとバスの運転手「そんな通りや交差点は知らない」とのたまうじゃないか。しかも訛りのきつい英語で。「結構大きい通りなのに一体何年同じ道走ってるの!!」と心の中で叫びつつ「ああいいよ。もう自分達で適当に降りるから」とさじを投げる。
必死で1つ1つの停留所、流れる街並みのストリート名を確認しながら乗っていたら、5分ほどのところで心優しい乗客達が『ここが多分一番近いかもよ』と教えてくれました。困っている時イギリスはこういった助け合いがさっと出てくるから嬉しい。

現在地さえ分かれば後は"人間GPS"の本領発揮。不安そうな相方を尻目に迷いもなくぐんぐん歩いて程なくJohn Lobb発見。この時点で11時半。

閉店の12時15分まで残すところ45分。のんびり屋の相方に『即決で』と促し、中へ入ると先客の2人の内1人は知人(笑) 

サイズによってある型は様々ですが、日本では10万以上するものが£200程度(≠¥46,000)とはかなりお得。彼よりも私の目の色が変わりました(笑) ベーシックラインや憧れのフィリップスなども掘り出し物で見つかるので靴好きなら行くべしの場所ですよ。

 John Lobb
  Oliver Street, NORTHAMPTON NN27JL
   TEL  01604-715011

その後は歩いて5分ほどのところにあるCrockett&Joneへ。これもデパートで見かけていいな~と思っていた靴ブランドの1つ。お値段もJohnLobbよりお手ごろだし、こっちのほうがディスプレイはみやすく、おばちゃんも優しくて焦らずのんびり選べて気楽でした。

 Crockett & Jones
   Perry Street, NORTHAMPTON
   TEL 01604-631515

サイズによって品揃えはまちまちですが一応本日の戦利品。よかったね♪
"いい靴は幸せを運んできてくれる"んだよ。
f0048134_19473844.jpg
紳士靴も上質な皮でフォルムが綺麗なものを見ると惚れ惚れしますね~。なので今日は自分のじゃなくても結構見ているだけで楽しめました。もっと早く行っておけばよかった!!と今頃後悔です。

<後日談>
"相方が買ったなら"ってことで私もEmma Hopeのアウトレットへ。Angel駅から程近い住宅地にあります。

基本的にシーズン落ちのものばかりだけれど、小さな足(22.5cm/EU 34H or 35)にはありがたい品揃え。ブライダルラインのものもありました。結婚式で自分の靴をってのはオシャレですよね。

買ったのはゆるゆるな気持ちの時にでも履こうと思って黒サテンにEmmaお得意のビーズ刺繍がされたペタンコ靴。値段も£339が£90ってお買い得。なんと約70%オフ。値引きなしでもいいからJimmyくらい買って帰りたいな~と切に願う今日この頃。

 Emma Hope
33 Amwell Street, London
EC1R 1UR
TEL 020 7833 2367
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-05-05 18:13 | Daily Life