1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Tennis, tennis, tennis!!

 最近は1週間に1度は運動をしないとうずうず落ち着かなくなってきた我が家。ということで今週末は友人夫婦2組を誘って寒風テニスin Hyde Park。室内テニスと違ってアウトドアは開放感があって気持ちいいし、いざ始めると体が温まって晴れてさえいれば寒さも気にならず。難点は風があることぐらい。あ、もちろん私のへなちょこ腕前も。
 3組夫婦が揃えば3通りのペアがあるわけでそれを見るのもまた一興。こうやって休日に集まってワイワイ一緒に汗を流せる友達がいるのも嬉しい限り。またやろうね♪

 それにしても東京で言えば皇居か日比谷公園の場所でテニスができるのもロンドンならでは。メンバーじゃないので前日の予約にも関わらず安価でコートが取れたし、コートもきっちり整備されてるので文句なし。東京だと郊外にならないとなかなかそうならないので、なんとも恵まれた環境ですよね。冬太り防止も兼ねて寒さに負けず頑張らないと。



 そしてロンドンから遠く離れたMelborneではAustralia Openの男子シングルス決勝。順当に勝ち上がったFedererとグランドスラム大会で初の決勝進出を決めたGonzalez。BBCで中継していたのでしっかり録画しておき帰宅してからのんびり観賞。

 最初は「物好きだな~」とテニス狂の彼を眺めていたけれど、いまではすっかり私もハマリ気味。(ただしプロ限定) 

 やっぱりFedererは凄かった。プレイからも漂う王者としての風格。素人目でも分かるくらい鋭い場所に決めるバックハンド。プレッシャーのかけ方から、ゲームの組み立て方、どれをとっても凄いの一言。フォアでもまともに打てない私からすると神業のオンパレードです。
 今回で10個目のグランドスラムタイトルを獲得した彼。本当にどこまで更新し続けるんだろう。
表彰式の時の言葉で「He is not a master, but one of great players」と称えられていたけれど、記録を塗り替え大きな足跡を残し続けているFederer。Wimbledonでは練習へ向かうFedererに遭遇したけれど、いつかは4大大会のいずれかで彼の試合を実際観てみたいものです。


<ベスト4決定後の会話>

 私: 「Gonzalezってどんな顔してる選手だっけ?」

 彼: 「"ゴンザレス"って顔」 

 私: 「なにそれ?」

  おもむろに彼が検索してくれたWebで顔をチェック

 私: 「あ・・・確かに」 (←ふか~い納得)


 そんなゴンザレスの顔をチェックするならこちら
[PR]
by mokomoko-chan | 2007-01-28 05:19 | Daily Life