1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

New Year Eve

今日は大晦日。日本なら大掃除だったり、友達との忘年会であったりと大忙しなんですが、今年の大晦日はちょっとのんびりした趣向にしてみました。

というのも午前中からWigmore HallでCoffee Concertへ。会場に着くと平均年齢60歳を悠に越す方ばかり。古き良きイギリスという雰囲気が漂います。一番多いのは老夫婦。杖を突きながら1人で聴きに来た老婦人も多く見かけます。
f0048134_6354898.jpg演奏はVienna Mozart Torio。
 Mozart:Piano Trio in E K.542
 Schumann:Piano Trio No.1
          in D minor Op.63
 Hungarian Dance No.1 & 2




 久しぶりに足を運んで思ったのはやっぱり生演奏は違うということ。音が肌を通してすっと体の中に入ってくるし、目を閉じると音の波の動きが感じられるのです。特にここのホールは収容人数500人と小規模なので、音響効果は抜群だし、演奏者を身近に感じられるのもいいところ。コンサート後には飲み物(コーヒーorシェリーorジュース)が付いて£10とは破格です。今回はピアノとバイオリン、チェロの3重奏だったけれど、ここでは弦楽曲が聴きたくなって帰り際に次回分を早速予約。朝からのんびり音楽に包まれた時間を過ごすと、なんだか優雅な気分で一日になります。
f0048134_640428.jpg

 セール客でごった返す師走の街を歩いて自宅へ。字幕付き映画を観て2人で「???」を浮かべて来年も英語を頑張らねば、と2人で反省しあった後の締めはもちろんこれ。出汁から作るとやっぱり美味しい。日本から遠く離れたって日本を感じられればそれで幸せです。
f0048134_6345849.jpg

 いろいろあった今年。2人とも気付かないながらもきっと大きく成長していることを願いつつ、健康に、そして穏やかな1年を過ごせたことに感謝です。

 行く年来る年は観られなくてもロンドンの2006年はもあとわずか。ロンドンは雨風に見舞われるらしいので今年はシャンパンを傾けながら自宅での~んびりTVを観ながら年越し。

 来年も皆様にとって幸多き素敵な1年でありますように。
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-12-31 14:11 | Daily Life