1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Perfume - Midnight Charm

f0048134_459361.jpg
香水が底をつきかけていたのでSelfridgesのパフュームコーナーへ。
店員さんのやる気があるんだかないんだか分からないオーラを交わしつついろいろ試してみたけれどどれもイマイチ・・・
ならばコスメカウンターだとDiorで見つけたDiorのMidnight Charm
試しにつけてみたら最初スッキリ、残香はほんのり甘いとまさに私好み。
桃・ジャスミン・ローズをベースに、最初はマンダリンミカンの爽やかでフルーティーな香り、最後に残るのがなんと栗(Chestnuts)の甘い香り。もちろんお買い上げ。

"中身重視"なので普段はあまりボトルとか気にしないけれど、これは外見もかなりお気に入り。なんでも2006年クリスマスをイメージしているんだとか。ロンドンはすっかりクリスマス商戦があちこちで始まっているけれど、コスメも、なんですね。



香水を使い始めたのは大学生になってから。高校生のころは街中で香水をかいで気持ち悪くなっていたのに、いまやつけないで外出すると落ち着かないほど。洋服やお化粧と同じくらいの存在になっているから不思議ですよね。

いつも迷うのは継続して同じものを購入する香りを変えるかということ。
前者を考えていても、実際売り場で匂いを嗅ぐと「なんか違うな」と思ったりすることもあるし、そういう時にはきっと今の自分が求めているものじゃないのだと受け止めて別の香水を納得するまで探します。まあ5本目くらいから鼻が麻痺して気持ち悪くなるんですが(苦笑)
とりあえずいつも香水を買うときには、今使っているモノを最初にテストしてから考えることにしています。

以前使っていた香水を手にとるとあまりしっくりこないことが多く、「あの当時はどんな気分だったんだろう」とふと昔に思いを馳せることがあります。
年齢はもちろん体調やその時の精神状態や恋愛によって選ぶ香りが微妙に変化していくのは面白いですよね。
歴代の香水ボトルを並べてみたらちょっとその経緯が分かるかななんて思ってみたり。

おまけで商品説明にあった文言。

 The crowning touch to charm until dawn by making clever use of the subtlest weapons of seduction.

一体誰を誘惑するんだろう・・・私。
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-10-23 04:57 | Daily Life