1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Farewell!!

私が学校に行き始めたころから同じクラスだったOscarがスペインに戻るのを知ったのは昨日のこと。しかも2日後に帰国と聞いて驚きました。本人に聞いた瞬間思わず涙がこぼれそうになりました。ぶっきらぼうなんだけど誰に対しても平等に優しい彼は学校中のみんなから愛されている存在でした。

強いアクセントと一見ガキ大将っぽい風貌のせいで最初はなかなか近づきがたかったけれど、日が経つにつれて自然と話せるように。Snobな感じの生徒が多い中、Oscarは特に気さくで、英語の拙い私に対しても根気よくとても優しくしてくれました。授業中のペアになったときには「もうちょっと頻繁に話さないと!!」と私にしゃべらせようと一方的に意見を聞いてきたり、「みんなでディナーを食べに行こう!!」と誘ってくれたのも彼でした。最近仲の良かったクラスメイトの多くがIELTSコースへクラス変更したこともあって少し寂しかったのですが、正直彼がいたのでちょっと安心していたところもありました。同じクラスのEnlicoに「知ってた??」と聞くと、「寂しいけれどそれが人生だよね」と言われ、ますます感慨深くなってしまう私です。

夜に彼の友人フラットでPartyがあるというので彼の好きな日本酒(久保田)と梅酒を買って途中から参加。プレゼントを渡すと「本当に??ありがとう!!愛してるよ!!」って、人妻だろうとなんだろうと素直に喜びを表現してくれるのが何より嬉しいですよね。足を踏み入れるとそこはラテン系ばかりでイタリア語とスペイン語が飛び交い英語はほぼ皆無でしたが(涙) 優しいOscarはラザニアを作る片手間に「英語で話さないと(私が)分からないから」と声を掛けてくれたり、「こっちに座りなよ」といろいろと気をつかってくれました。最後まで本当にいい人です。。。

優しさって言葉に関係なく相手に伝わるもの。彼に出会えたことはロンドン滞在の宝物の1つだと思っています。
本当に本当にありがとう!! あなたの活躍を心から願ってますね!!
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-07-07 22:02 | Daily Life