1年弱のロンドン生活から日本に帰国。場所は変わっても相変わらずのマイペース。日々の生活で感じた小さな幸せを綴っていきます。


by mokomoko-chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Udon

今日は見知らぬ人から声を掛けられる日だったらしい。

家から駅前の語学学校へ行く途中で道を聞かれる。
その直後、道端に座っていた若者から「Hello」と声を掛けられたものの遅刻寸前で走る私は横を素通り。
そして極めつけは休み時間に行ったTESCOでのこと。

レジへ向かおうとした私に2メートルはあろうかと思われる中東系の巨人(男性)がなにやら目を見開いて話しかけてくるではないですか。以前も酔っ払いに絡まれたことがあるので「またか~(涙)」と嘆きつつ、よくよく聞いてみるとこんな感じ。

彼:「ウードンを知ってるか?」
私:「ウードン?? (なんじゃそりゃ。まさか)・・・・う、うどん??」
彼:「そうそうジャパニーズフードのウードン」
私:「もちろん」
彼:「このあたりだとウードンってどこで手に入れられるの?」
私:「駅前のWaitroseとか」
彼:「ぶー。あそこには無いんだよ。以前探したけどダメだった」
私:「えっっ、じ、じゃあそこのSainsburyとか・・」
彼:「Cromwell Road 沿いのSainsbury??」
私:「そう」
彼:「分かったーありがとー。今までどこ探しても無かったんだよねー。うわーい」
      (以下続く)

どうやら彼は以前日本に数ヶ月ほど住んでいたことがあるらしい。しかし一体何がそこまで彼をウードンの虜にしたんだろう??私に尋ねる姿は必死。その情熱はひらがなの"うどん"なんて力の抜けたものではなく"饂飩"と筆で渋く漢字で表すのがピッタリ。

あぁ神田の野らぼーでアツアツの釜揚げうどんが食べたい。
中東の異人に郷愁を呼び起こされた昼下がりでした。
[PR]
by mokomoko-chan | 2006-05-09 02:33 | Daily Life